不思議な出会いが人生を変える

 

06harukanarutabi.jpg08conposition.jpg05jihishukan.jpg14takiguchi&bulton.jpg

シュルレアリスムとは、第一次大戦直後のパリにおこり、やがて全世界に波及していった20世紀最大の芸術運動です。 
本展はその広い領域と長い期間にわたる豊かな成果のなかから、おもに日本にある親しみやすい作品や資料を精選して、これまでにない斬新な視点のもとに、展示・解説し、今日にも有効なシュルレアリスムの生き方を追体験しようとするものです。 

〈遊ぶ〉というキーワードは、この運動の参加者の精神のありかたを示しています。伝統的な美術の枠から抜けでて、自由な表現をめざしたシュルレアリストたちは、実際にさまざまな集団ゲームを日々おこなっていたばかりでなく、遊びに似た手作業から、驚異にみちた作品をつくりつづけました。そこにもまた、日常の現実のうちにひそむ本当の現実「超現実」への出口があると考えられたのです。 

オブジェやコラージュ、レイヨグラフやフロッタージュやでデカルコマニー…彼らの用いた方法は、正規の美術教育とは無縁の、手による作業でした。 
本展ではワークショップなども用意して、観客もまた彼らにならって遊ぶことができるように誘いつつ、シュルレアリスムの〈遊ぶ〉姿勢と精神を共有していただければと願っています。 

[講演会] 
◎開催記念講演会

『〈遊ぶ〉シュルレアリスム —不思議な出会いが人生を変える—』 
講師:巖谷國士(本展監修者、明治学院大学名誉教授) 
日時:7/13(土) 午後2時から1時間半程度(午後1時30分開場) 
場所:損保ジャパン本社ビル2階(美術館と同じビル)
料金:無料 
定員:200名様(要申込)  
※参加希望者はHPまたははがきに 
 「郵便番号・住所・氏名・人数」をご記入のうえ7/1(月)必着で
 当館「シュルレアリスム展講演会係」宛にお申し込みください。 
 抽選のうえ当選者のみ7/6(土)までに聴講券をお送りします。 

[ギャラリー★で★トーク] 
休館日に展示室を貸切で、参加者がボランティアガイドと対話を楽しむ参加型の作品鑑賞会です。 
日時:7/29(月)午後2時から2時間程度(対話鑑賞と自由鑑賞を各1時間程度 
対象:大人の方からお子様まで 
料金:参加費800円(中学生以下無料、展示会チケットやその他の割引等の利用はできません)
定員:20名程度(要申込)
※休館日のため、ミュージアムショップの利用はできません。 
※参加希望者はHPまたははがきに 
 「郵便番号・住所・氏名・人数と各年齢」をご記入のうえ7/16(火)必着で当館「シュルレアリスム展トーク・アート係」宛にお申し込みください。 
 抽選のうえ当選者のみ7/22(月)までに参加券をお送りします。

[ギャラリートーク] 
学芸員が展示室で作品解説を行います(当日自由参加) 
料金:観覧料のみ 
[一般対象]
7/26(金)・8/2(金)いずれも午後4時から 
[小・中学生と保護者対象]
7/27(土)・8/3(土)いずれも午後1時30分から 

[ワークショップコーナー]
「あなたもシュルレアリスト」
シュルレアリストがおこなった作品づくりの手法を体験します。
日時:会期中、下記時間内にご自由に参加できます。(7/15を除く月曜休)
  午前11時30分〜午後5時(申込〆切:午後4時)
  場所:1階ロビー 料金:無料 
  対象:お子様から大人の方まで 

[所蔵品コーナー] 
ゴッホ《ひまわり》、ゴーギャン《アリスカンの並木路、アルル》、セザンヌ《りんごとナプキン》、東郷青児、グランマ・モーゼス