流山市生涯学習センター7月のイベントは「7/6(土) 0歳からのクラシック親子で楽しい七夕コンサート」「7/10(水)〜18(木) 言葉を越えて〜自閉症の子どもたちとアーティストのコラボレーション展」「7/14(日) 青木研スペシャルアンサンブル」「7/15(月・祝) メガ太鼓祭2013」「7/20(土) 朗読劇 東葛のむかしばなし〜流山編」「7/20(土) 笑って健康!お笑い大行進30回記念大会」「7/22〜26・28(日) 舞台ワークショップ「銀河鉄道」」です。

 

 

◆0歳からのクラシック親子で楽しい七夕コンサート

01-01tanabata.JPG育児中は、クラシックは無理、子連れで生演奏は諦めていたという皆さんに朗報です。子育てにやさしい街・流山が贈る親子で楽しめるコンサート。アニメソングも有名曲もみんなクラシックでお届けします。
出演は、伊津野志保、清水寛子、内藤雅子、脇野真樹、板倉寿美子ら流山市音楽家協会の会員の皆さん。

開催日:平成25年7月6日(土) 
時 間:14:00〜15:30
会 場:流山市生涯学習センター
場 所:千葉県流山市中110
入場料:チケット 大人1,000円、子ども500円(お席が必要な場合は有料、パパ・ママのお膝の上は無料)。
流山市生涯学習センターで電話予約受付中 
問合せ:流山市生涯学習センター 04-7150-7474

 


◆言葉を越えて〜自閉症の子どもたちとアーティストのコラボレーション展

01-02kaigaten.jpg日本の画家・藤島大千氏をはじめ日・英・仏・中の各国のアーティストと、自閉症の子どもたちが共同制作した大きな絵画を中心とした展覧会。入場無料。期間中の14日(日)にはワークショップ、翌15日(月・祝)にはギャラリー・トークも開催。言葉も、国籍も、ハンディも越えた子どもたちの絵画展をご覧ください。

自閉症という、言葉におけるコミュニケーション障害を持つ子供たち。彼らの絵を土台に描かれた、言葉を越えたコミュニケーション。
今の私達の文明は、言葉によって支えられています。しかし、もし言葉が通用しない世界があるとしたら、私たちは、どんな手段を使って人と接し、どう触れあい、そして何を考えていくのでしょう。
自閉症の子どもたち、そして彼らの描く『絵』を通じて、私たちは私たちの築きあげたもの、失ってしまったものについて、感じ取り、考えていきたい。

今回の絵画展では、中国の自閉症の子どもたちと一般の人たちが共同で描いた幅4メートルの絵に、日本とイギリスのアーティストや学生たち、またイギリスの不登校の子どもたちが筆を加えて完成させた作品2点(それぞれ幅4メートル、高さ120cm)が展示されます。(同様のコンセプトでドイツでも制作がなされていますが、期日までに完成が間に合えばこちらも展示になります。)

開催日:平成25年7月10日(水)〜18(木) 
時 間:10:00〜21:00
休 館:7月17日(水)
会 場:流山市生涯学習センター
場 所:千葉県流山市中110
入場料:無料
問合せ:流山市生涯学習センター 04-7150-7474

◆青木研スペシャルアンサンブル

02aokiken.jpgバンジョーを中心にデキシーランド ジャズの魅力を堪能するバンジョーオンステージ。第3回流山ジャズフェスティバルの一環として、世界的バンジョー奏者・青木研のパワフルなステージをお楽しみください。
出演は、青木研(バンジョー)、有田純弘(バンジョー)、小林真人(ウッドベース)、山本琢(ピアノ)、竹内武(ドラムス)など。
「バンジョー」という楽器に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?古きよきアメリカ、ブルーグラス、ディキシーランド ジャズ、フォーク、ジャグバンドミュージック、日本やヨーロッパの戦前音楽、陽気な、哀愁のある、音の大きい、音のかわいい、昔っぽい、新鮮な、熱気のある、涼しげな…。印象は多様ですが、名前は知らなくてもかならずどこかで耳にした、なじみのある楽器バンジョー。そんな楽器を演奏する日本では数少ない本職の4弦バンジョー奏者・青木研を中心に楽しいステージをお贈りします。

※ これに先立ち、前日の7月13日(土)10時から流山市生涯学習センターで「バンジョーワークショップ」を開催します。バンジョーの歴史を知って、実際に演奏に挑戦しましょう。出演は青木研、原さとし。無料ですが、バンジョーの数に限りがありますので、事前にお申し込みください。お子さん、親子参加の方歓迎。
 また、同じく前日の7月13日(土)13時からは、流山市生涯学習センターで「バンジョースペシャルライブ」を開催します。出演は、青木研、原さとし、そして、ハンディの有無を超えてバンジョーを奏でる「かたるべバンジョークラブ」の皆さんです。入場は無料です。

開催日:平成25年7月14日(日) 
時 間:14:00〜16:00
会 場:流山市生涯学習センター
場 所:千葉県流山市中110
入場料:チケット 前売2,500円、当日2,800円、高校生以下1,000円。(全席指定)電話予約受付中。
流山市生涯学習センターで電話予約受付中 
問合せ:流山市生涯学習センター 04-7150-7474 

◆メガ太鼓祭2013 

03taicomaturi.JPG21世紀の太鼓界をリードする孤高の太鼓ドラマー・ヒダノ修一が、自らのイメージする太鼓アンサンブルのスタイルを実現するべく全国各地から選ばれた20代、30代の実力派の中堅プレイヤーたちによる「太鼓マスターズ」を2006年に結成。

プレイヤー、プロデューサーとしてだけでなく、高い音楽性を持つ作曲家としても注目のヒダノの作品群を中心に構成されたエキサイティングかつパワフルなステージは、メンバー個人個人の高い技術とパフォーマンス性も合わせて、観る者を確実に魅了します。

メンバーが多彩なフィールドで活躍していることで、それぞれの熱い想いが個性豊かなソロ・パフォーマンスを生み出し、全員がリーダーとしての統率力を発揮できる稀有な太鼓グループによるMEGA太鼓祭。
出演は、ヒダノ修一、高田淳、田中まさよし、金刺敬太、しんた、シンゴ。
第3回流山ジャズフェスティバルの一環として企画。突き上げるような迫力のサウンドをお楽しみください。

開催日:平成25年7月15日(月・祝) 
時 間:17:30〜19:00
会 場:流山市生涯学習センター
場 所:千葉県流山市中110
入場料:チケット 前売2,000円、当日2,500円、友の会1,500円、高校生以下1,000円(全席指定)(全席指定:流山市生涯学習センターで電話予約受付中) 
問合せ:流山市生涯学習センター 04-7150-7474

 

◆朗読劇 東葛のむかしばなし〜流山編

04-01mukasibanasi.JPG「朗読劇 東葛のむかしばなし〜流山編」の発表会が7月20日(土)14時から流山市生涯学習センターで開催されます。
原作は、流山で創作活動を続けられた詩人で児童文学者の故・おの・ちゅうこうの「おの・ちゅうこう流山・野田のむかしばなし」(崙書房)。流山で出版活動を続ける地方出版の雄・崙書房が出版した名著を、東葛地域で劇団彩を主宰し、朗読活動を続けている梅田宏が演出・構成しました。

「星野富弘 花の詩画集朗読会」から始まり、利根運河通水120周年を記念した「朗読劇 利根運河物語」、東日本大震災直後に行った「朗読劇 金子みすゞの世界」、被災地を忘れないようにと開催した「朗読劇 宮沢賢治の世界」、生誕100年を記念した「朗読劇新美南吉の世界」、そして今春の「地図に賭けた男 伊能忠敬」など多くの朗読ワークショップを企画してきた流山市生涯学習センターが、地元を見つめなおそうと半年間、練習してきた「朗読劇 東葛のむかしばなし〜流山編」。
今回は、東葛地域で、古老から伝わる昔話の中から、流山を舞台にしたものを選びました。鰭ヶ崎の「目つぶしの鴨」、思井の「殿さまを助けた犬」、東初石の「オランダ馬哀話」、桐ケ谷の「朝ねぼう観音」、中野久木の「きつねの雨ふり」など流山に古くから口承されている昔話を朗読劇でお届けします。

開催日:平成25年7月20日(土) 
時 間:14:00〜15:30
会 場:流山市生涯学習センター
場 所:千葉県流山市中110
入場料:チケット 大人500円、高校生以下無料
問合せ:流山市生涯学習センター 04-7150-7474

 

◆笑って健康!お笑い大行進30回記念大会

04-02owarai.JPG流山市の健康都市宣言を受け、笑いと健康学会や漫才協会の協力を得て毎月続けている「笑って健康!お笑い大行進」もいよいよ30回を迎えました。
出演は、コンビ結成48年漫才協会会長の青空球児・好児、同協会副会長おぼん・こぼん、大御所・昭和のいる・こいる、腹話術にギターにものまね・堺すすむ、2010年文化庁芸術祭大衆芸能部門大賞・東京太・ゆめ子、東京丸・京平、春風こうた・ふくた、すず風にゃん子・金魚という漫才協会が誇る名人10組に、昨年の漫才新人大賞カントリーズ、そして、流山が生んだ一昨年の漫才新人大賞コンパスの若手実力派2組を加え、合計12組という豪華版。
30回記念として、また、子どもたち待望の夏休みのスタートを記念して高校生以下300円という破格値で企画、ご家族連れのお越しをお待ちしています。

開催日:平成25年7月20日(土) 
時 間:13:30〜16:00
会 場:流山市文化会館
場 所:千葉県流山市加1-16-2(TX「流山セントラルパーク駅」下車、徒歩20分)
入場料:一般3,000円、友の会1,500円、高校生以下300円。(全席指定)
流山市生涯学習センターで電話予約受付中 
問合せ:流山市生涯学習センター 04-7150-7474

 

◆舞台ワークショップ「銀河鉄道」

05workshop.JPG演劇やパフォーマンスというと「経験がないので…」と躊躇しがちです。昨年度のワークショップに初めて参加した方々は舞台の感動を共有されました。東日本大震災を忘れまいと東北の詩人・宮沢賢治の原作「銀河鉄道の夜」をヒントに、世界で活躍する演出家の小池博史が舞台演出指導します。

小池博史が再び流山で奇跡を巻き起こす。昨年の「注文の多い料理店」に続く小池博史ブリッジプロジェクト第二弾がいよいよ始動。
来年1月の宮沢賢治原作「銀河鉄道」を題材にしたプロ公演は流山で誕生し、全国へ、世界へと公演されていきます。こうした公演を前に、この夏、市民を対象に、連夜のワークショップと発表を行います。小池博史のつくる銀河鉄道の世界をあなたも体感しませんか?

開催日:
平成25年7月22日(月)〜26日(金)稽古 
平成25年7月28日(日)発表
時 間:18:00〜21:00
会 場:流山市生涯学習センター
場 所:千葉県流山市中110
入場料:参加費:6,000円(申込制)定員:25名(原則全日程に参加出来る方。16歳〜上限無し ※演劇、ダンス経験の有無は問いません)
問合せ:流山市生涯学習センター 04-7150-7474