流山市生涯学習センター 8月のイベントは「飛び出す絵本ミュージアム」「となりに、天才モーツァルト」「高橋伸寿&ザ・ドランカーズ ジャズライブ」「Everly(エバリー)コンサート」「浦川宜也ヴァイオリントークコンサート「名曲のしくみ」」「「無言館」所蔵作品による戦没画学生「祈りの絵」展」です
 

◆飛び出す絵本ミュージアム

tobidasu2.jpgtobidasu1.jpg

世界中の、そして100年前からの、貴重な仕掛け絵本、飛び出す絵本が勢揃い。手にとって読めます。実際に仕掛け絵本をつくるワークショップも、トークショーも行います。初日9日(金)は12時からオープン、13時から飛び出す絵本コレクターらによるギャラリートーク、18時からJCNコアラ葛飾による生放送でお笑いコンビ「コンパス」による中継も予定されています。
期間中は、ボランティアの皆さんによる読み聞かせ、飛び出すカードづくりなども連日開催されます。また、はさみとのりでできる簡単なポップアップカードも作れます。

本を開くと、家や動物が立体的にとび出したり動いたりする仕掛け絵本。その歴史は古く、起源は1300年代にまでさかのぼるとも考えられています。その昔は、兵法や占星術、医学などの専門分野をわかりやすく解説した大人向けの高価なものだったしかけ絵本ですが、今では実にさまざまなおもしろさをもった、大人も子どもも楽しめるものとして親しまれています。
1800年代の貴重なアンティーク絵本をはじめ、1970年代から90年代の懐かしい絵本まで、仕掛け絵本創世記からの変遷までが楽しく見られるコーナーは博物館のような内容にする計画です。
200年前の貴重な仕掛け絵本はガラスケースの中で、直接、触れることはできませんが、戦争や経済成長などの時代背景を考えながら変遷を見ていくことができます。今回の展覧会では、1800年代に作られた貴重なアンティーク絵本や、仕掛け絵本の父とも謳われるロタール・メッゲンドルファーの作品から、現代の人気作家ロバート・サブダやデビッド・A.カーターの作品まで、仕掛け絵本の数々を楽しんでいただける絵本展です。

流山市生涯学習センターで毎月、行われている「笑って健康!お笑い大行進」のプロデューサー・澤田隆治さんのコレクションのコーナーも予定しています。澤田さんが、テレビ番組づくりの中で、舞台転換を考えるヒントにしようと世界中を回って収集した海外の飛び出す絵本は必見。今回の飛び出す絵本展を開催するきっかけとなったコレクションです。その国々のお国柄がよく表れて、美術館のような雰囲気を楽しめます。
また、飛び出す絵本を数多く出版している大日本絵画のコレクションを年代順に紹介します。それぞれの時代の特徴となるものも合わせてパネルで紹介し、大日本絵画所蔵作品を公開予定。細かく複雑な仕掛けがある絵本は、一冊の本を作るのに、どれくらいの部品が使われていて、どんなところで組み立てているのか、デザインから印刷、製本までを写真とともに詳しく紹介します。
夏休みの一日、ぜひ、ご家族でお越しください。

飛び出す絵本ミュージアム
日時:平成25年8月9日(金)〜20日(火)
時間:10:00〜18:30(初日は12:00〜)
料金:入場無料
会場:流山市生涯学習センター
場所:千葉県流山市中110
交通:TX「流山セントラルパーク駅」下車徒歩3分
問合:流山市生涯学習センター 04-7150-7474
http://nagareyama-shougaigakushucenter.jp/


◆となりに、天才モーツァルト

tensai.jpg流山子育て支援コンサート。天才だって人間だもの!今宵のおしゃべりコンサートでモーツァルトを再発見しませんか?大好評につき2度目の流山公演。

大人から子どもまで楽しめる「魔笛」やモーツァルトの代表作などを東京音楽大学の現役学生たちが演奏!「天才モーツァルト」をわかりやすく、そして面白く理解できる、そんな楽しい公演をお楽しみください。

本公演は、大人も子どもも楽しめるようなプログラムとなっています。会場でお子様の声等がある場合もございますが、お気になさらない約束の子育てコンサートです。

となりに、天才モーツァルト
日時:平成25年8月9日(金)
時間:18:00〜19:30
料金:入場無料
会場:流山市生涯学習センター
場所:千葉県流山市中110
交通:TX「流山セントラルパーク駅」下車徒歩3分
問合:流山市生涯学習センター 04-7150-7474
http://nagareyama-shougaigakushucenter.jp/

◆高橋伸寿&ザ・ドランカーズ ジャズライブ

takahashi.JPG「しんさん」の愛称で親しまれているベテランジャズボーカリスト高橋伸寿と南流山のスタジオエンザにおいて隔月で演奏し、ジャズ好きな流山市民にお馴染みのベテランバンド、ザ・ドランカーズのジョイントライブです。

日本ジャズヴォーカル賞大賞のベテラン高橋伸寿さんの魅惑のヴォイスが、往年の名曲の数々を聴かせます。高橋伸寿さんは、1954年、明治大学在学中にナイトクラブ・シンガーとしてスタートし、57年には新東宝映画「天城山心中」で映画デビュー。その後、赤坂の一流ナイトクラブや米国TV局NBC、CBS等に出演。NHK音楽番組「我が心のスタンダード」等に出演。また、都内ライヴハウスやホテルオークラ、フォーシーズン・ホテル、英国の客船オーシャン・パール号でのショー出演など幅広く出演しています。クルーナー唱法で唄う男性ジャズ・シンガーで、日本ジャズヴォーカル賞大賞を受賞されています。

30年以上の長いキャリアを持つプロミュージシャン達が「自分たちのジャズ」を追求するために集まったバンド「ザ・ドランカーズ」は、佐野充さん(ドラム)を中心に黒田一義さん(テナーサックス)、藤田わたるさん(ベース)、森朗さん(ギター)、板垣誠さん(ビブラフォン)の5人編成。ステージで客席からのリクエストに応えて演奏するスタイルは、幅広い層に人気を呼んでいます。

高橋伸寿&ザ・ドランカーズ ジャズライブ
日時:平成25年8月19日(月)
時間:14:00〜15:30
料金:前売1,500円、当日1,800円、高校生以下1,000円
会場:流山市生涯学習センター
場所:千葉県流山市中110
交通:TX「流山セントラルパーク駅」下車徒歩3分
問合:流山市生涯学習センター 04-7150-7474
http://nagareyama-shougaigakushucenter.jp/

◆Everly(エバリー)コンサート

Everly.JPG

 
クラシックやポップスのカバー曲中心。松尾賛之・松尾悟郎・小向忍(エバリーアコースティック)の3名で出演。
東京学芸大学音楽科を卒業した松尾兄弟が、大学時代に出会った小向と共にEverlyを結成。
朝日新聞やフジテレビ「とくダネ!」NHK「クローズアップ現代」に取り上げられ、2005年CDデビュー。人々の胸に確かに響く歌詞とメロディー、兄弟の絶妙なハーモニー、そして幅広いジャンルを学んだ知識から斬新なアプローチで製作される楽曲を製作。

現在までにシングル6枚・アルバム6枚を発売し、日本テレビ・テレビ東京・読売テレビ・信越放送(TBS系列)・テレビユー福島(TBS系列)などでの番組テーマソングを担当している。
カバー曲のレパートリーも豊富に持ち、各種イベント演奏では年齢問わず楽しめるコンサートを展開。
2011年には「サントリーホール」でのライブも大成功に収め、全国各地のコンサート出演は年に100本を超える。

コラボレーションの多彩さもEverlyならでは。
となりのトトロを歌う井上あずみ、ロックバンドGOING UNDER GROUND、ジャズバイオリニスト中西俊博との共演、アニメ声優、石丸幹二主演チャップリン音楽劇での演奏など幅広い。
2012年発売NEWアルバム「Everly Cafe」では日本テレビの番組エンディングテーマを担当。2013年には新たに仲宗根朝将(ギター)Funky-Yukky(Dr)が加入。5人体制となり(今回のコンサートは3人)、さらなる展開が期待されるバンドである。

Everly(エバリー)コンサート 
日時:平成25年8月25日(日)
時間:14:00〜15:30
料金:前売2,000円、当日2,300円、友の会1,500円、高校生以下1,000円(全席指定)
会場:流山市生涯学習センター
場所:千葉県流山市中110
交通:TX「流山セントラルパーク駅」下車徒歩3分
問合:流山市生涯学習センター 04-7150-7474
http://nagareyama-shougaigakushucenter.jp/

◆浦川宜也ヴァイオリントークコンサート「名曲のしくみ」

urakawa.JPG名門バンベルク交響楽団第1コンサートマスターや東京藝術大学教授などとして活躍され、世界中でコンサート活動などを続けているヴァイオリニストの浦川宜也さんを招いて、大迫貴さんとのピアノと一緒に、カジュアルな形で、トークを交えながら、クラシックの面白さを伝えるコンサートです。

浦川宜也さんは、東京藝術大学名誉教授、東京音楽大学大学院担当客員教授の傍ら「小野アンナ記念会」会長をはじめ「NPO法人文化日独コミュニティー」の理事長などの重責を担う一方、日本国内以外に西欧・東欧・中国・米国・豪州などで演奏活動を続けています。

ピアノの大迫貴さんは、福岡教育大学大学院音楽教育専攻からウィーン市立音楽院を経て、現在、鹿児島大学教育学部音楽専修や鹿児島県立松陽高等学校音楽科の非常勤講師の傍ら室内楽や歌曲の分野においても活動をされています。
コンサートや若い音楽家の育成に努められています。

G.F.ヘンデル:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ホ長調 作品1−15
W.A.モーツァルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 K296
F.クライスラー:ウィーン奇想曲などを演奏予定

浦川宜也ヴァイオリントークコンサート「名曲のしくみ」
日時 平成25年8月31日(土)
時間 13:30〜16:00( 開場17:30)
料金 前売2,500円、当日3,000円、友の会2,000円、高校生以下1,000円
会場 流山市生涯学習センター
場所 千葉県流山市中110
交通 TX「流山セントラルパーク駅」下車徒歩3分
問合 流山市生涯学習センター 04-7150-7474
http://nagareyama-shougaigakushucenter.jp/


◆「無言館」所蔵作品による戦没画学生「祈りの絵」展 

mugonomote.jpg遠い見知らぬ土地で死んだ画学生よ 私はあなたを知らない
知っているのは あなたが遺したたった一枚の絵だ
あなたの絵は 朱い血の色にそまっているが
それは人の身体を流れる血ではなく
あなたが別れた祖国の あのふるさとの夕灼け色
あなたの胸をそめている 父や母の愛の色だ…(窪島誠一郎の詩より一部抜粋)

戦争中、数多くの若い生命が戦地に駆り出され、戦場のツユと消えました。そうした中には、画家になることを一心に夢見た、画学生たちもいました。当時の東京美術学校(現東京芸大)、現在の武蔵野美大、多摩美大に分かれる前の帝国美術学校に在籍していた学生、あるいは独学で絵を学んでいた前途ある絵描きの卵たち。長野県上田市にある財団法人戦没画学生慰霊美術館「無言館」のご協力を得て、千葉県内で初めて開催される平和のための絵画展です。平和都市宣言の街・流山市で、若い方々に、ぜひ、ご覧いただきたい絵画展です。

[関連企画イベント]
黒坂黒太郎コカリナコンサート

日時:9月4日(水) 14時
会場:流山市文化会館
入場:2,000円(無言館所蔵戦没画学生絵画展観覧チケット付き)
2年前、広島で被爆したエノキからつくったコカリナで流山市民を魅了した黒坂黒太郎は、無言館の近在に住む縁から、再び流山でコンサートを開催。

[講演と映画のつどい]
「無言館」館主・窪島誠一郎講演会と映画「無言館」上映

窪島誠一郎(主な著書に実父・水上勉との再会を綴った「父への手紙」など。無言館の活動により第53回菊地寛賞を受賞)
日時:9月7日(土) 14時
会場:流山市生涯学習センター
入場無料、申込不要(先着300人)

[朗読とコンサートのつどい]
無言館をテーマに流山市民が書いた創作童話「青いぶどう」(白木恵委子作)や無言館の詩の朗読、合唱団のコーラスなど
日時:9月8日(日)13時
会場:流山市生涯学習センター
入場無料、申込不要(先着300人)

「無言館」所蔵作品による戦没画学生「祈りの絵」展
日時:平成25年8月31日(土)〜9月16日
時間:10:00〜18:00
料金:無料
会場:流山市生涯学習センター
場所:千葉県流山市中110
交通:TX「流山セントラルパーク駅」下車徒歩3分
問合:流山市生涯学習センター 04-7150-7474
http://nagareyama-shougaigakushucenter.jp/