その筆は、極限を超える。

 

日本画家の竹内栖鳳(たけうちせいほう1864-1942)は京都に生まれ四条派の幸野楳嶺(こうのばいれい)に学び、京都画壇の近代化の旗手として土田麦僊(つちだばくせん)をはじめとする多くの後進に影響を与えました。
栖鳳は積極的に他派の筆法を画に取り入れ、また定型モティーフとその描法を形式的に継承することを否定し、画壇の古い習慣を打ち破ろうとしました。その背景には、明治33(1900)年のパリ万博視察のための渡欧がありました。現地で数々の美術に触れ、実物をよく観察することの重要性を実感したのでした。

しかし、やみくもに西洋美術の手法を取り入れたのではないところに栖鳳の視野の広さがありました。江戸中期の京都でおこった円山派の実物観察、それに続く四条派による対象の本質の把握と闊達な筆遣いによる表現は幕末には形式的なものとなり、定型化したモティーフとそれを描くための筆法だけが残ってしまいました。栖鳳は実物観察という西洋美術の手法をもとに、西洋と肩を並べられるような美術を生み出そうという気概でこれら伝統絵画の根本的理念を掘り起こそうとしたのです。

栖鳳の作品の前に立つと、あたかもその対象にじかに触れているかのような感覚におそわれますが、それは、丹念な実物観察を行いながらも、その目的は外形写生ではなく、あくまでも対象の本質をつかむことにあったことを表しています。

本展は、栖鳳の代表作、重要作、長らく展覧会に出品されてこなかった作品約110点、素描などの資料約60点で栖鳳の画業を通観し、栖鳳が新たな時代に築いた日本画の礎を示します。

【関連講演会】
◎9月7日(土)
14:00〜15:30
高階秀爾(大原美術館長、東京大学名誉教授)
「竹内栖鳳—もうひとつの西洋体験—(仮題)」
会場|東京国立近代美術館講堂(地下1階)
・開場は開演の30分前 ・参加無料(140名)

〈要申込〉*応募者多数の場合は抽選とさせていただいます。
郵便往復はがきの
往信用裏面に郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号を
返信用表面に郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、お申し込みください。
締切|8月9日(金)*当日消印有効
申込・問い合わせ先|
〒106-0032 東京都港区六本木4-8-7 六本木三河台ビル7F
「竹内栖鳳展」広報事務局「講演会」係
電話|03-6863-3409 
※1枚の往復はがきで2名までの応募可。
2名応募の場合は往信用裏面にそれぞれの氏名を明記してください。 

◎9月28日(土)14:00〜15:30
平野 重光(美術史家)
「竹内栖鳳の芸術について」
会場|東京国立近代美術館講堂(地下1階)
・開場は開演の30分前 ・参加無料(140名)*申込不要

★10/22-12/1 京都市美術館に巡回します。
 ※会期中、展示替えあり。