イタリア・ルネサンスの偉大なる巨匠ミケランジェロ・ブオナローティ。

 

01Michelan-photo.jpg10kaidannoseibo.jpg11cleopatora.jpg12kulaist.jpg

本展覧会は、「神のごとき」と称された大芸術家ミケランジェロ(1475-1564)の創造の軌跡とその波紋を、彼の子孫のコレクションを引き継ぐカーサ・ブオナローティ(フィレンツェ)の所蔵品によって紹介するものです。

なかでも彼が15歳前後で制作したとされる《階段の聖母》は、初期の大理石浮き彫りによる傑作で、これまで門外不出とされ、長期貸し出し展示されるのは本展が史上初の機会となります。

素描を中心に30点を超すミケランジェロの作品類及び関連作品等計60点を通じて、彫刻、絵画、建築と幅広く活躍したこの芸術家の知られざる創造的プロセスとその秘密に迫ります。

作品と併せて彼の手紙や自筆手稿類なども紹介することで、この偉大な芸術家の制作における苦悩や人間的側面、そして、後代への影響についてもご覧いただきます。

【関連講演会】
9月7日(土) 14:00〜15:30 
「ミケランジェロとフィレンツェ」上村清雄(千葉大学教授)
10月5日(土) 14:00〜15:30 
「ミケランジェロと建築」金山弘昌(慶應義塾大学准教授)
11月2日(土) 14:00〜15:30 
「神のごとき人への行路」森雅彦(宮城学院女子大学教授)
会場:国立西洋美術館講堂 定員:各回先着140名
(聴講無料。ただし、聴講券と本展の観覧券が必要です)
参加方法:当日12:00より、館内インフォメーションにて本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配布します。会場へは、開演の30分前からご入場いただけます(自由席)

【スライド・トーク】
展覧会のみどころや主な作品について、スライドを使って解説します。
日時:9月13日(金)・27日(金)、10月11日(金)・25日(金)、11月1日(金) 各回18:00から約30分
会場:国立西洋美術館講堂 定員:各回先着140名
(聴講無料。ただし、聴講券と本展の観覧券が必要です)
解説:友岡真秀(東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程)
参加方法:直接講堂にお越しください(開場時間は各日とも開演の30分前)
※講演会等の内容は急きょ変更となる場合があります。最新情報はハローダイヤルまたは公式ホームページでご確認ください。