モローとルオーの芸術世界と心の交流を紹介する世界で初めての展覧会

 

06upiteru.jpg05messaleana.jpg10janne.jpg11christ.jpg

フランス象徴主義の巨匠ギュスターヴ・モロー(1826-1898)と彼の愛弟子で後に20世紀最大の宗教画家と呼ばれるジョルジュ・ルオー(1871-1958)。
本展は二人の芸術世界と心の交流を紹介する世界で初めての展覧会です。

モローは、パリの国立美術学校の名教授としてマティスなど著名な画家を育てました。中でも彼に最も愛された生徒がルオーでした。モローは熱心にこの優秀な弟子を指導し、マティエールと色彩、そして内的ヴィジョンへの関心を目覚めさせます。ルオーは師の教えを確実に受け継ぎ、やがて作品の中で我がものとしていきます。

「親愛なる我が子」「偉大なる父」と彼らの往復書簡の中で呼び合う二人には、師弟を超えた特別な絆がありました。モローは遺言によりルオーをモロー美術館初代館長に任命し、自分亡き後も愛弟子を導き続けます。
ルオーは師への感謝と崇敬の念を生涯忘れず、精神的な父としてのその存在は、ルオーの芸術と人生に深い影響を及ぼしたのです。

本展は、二人の交流の軌跡を辿りながら、モロー晩年の未公開作品や、ルオーの美術学校時代の作品など日本初公開を多く含む油彩画やデッサン(モロー29点、ルオー35点)、往復書簡など約70件により、モローの芸術性がどのようにルオーへと継承され変容したかを検証する画期的な展覧会です。

[展覧会のみどころ]
1.モローとルオーの“美しき師弟愛”の物語が世界に先駆けて汐留へ。

永きに渡って話題にのぼりながら実現することのなかった、フランス19世紀と20世紀を代表する二人の巨匠の展覧会が世界に先駆けて汐留で開催。
2015年にはパリのギュスターヴ・モロー美術館へと巡回します。

2.国立ギュスターヴ・モロー美術館館長渾身の作品セレクション
監修はパリのギュスターヴ・モロー美術館マリー=セシル・フォレスト氏。
二人の交流を物語る油彩、水彩、デッサン、書簡など合わせて約70件で構成。
フォレスト館長曰く「1点たりとも変更のきかない渾身の作品セレクション」。

3.フランスから出品の半数以上が日本初公開
フランスから出品される56点の半数以上が日本初公開。
モロー晩年の抽象画的作品やルオーの美術学校時代の大作など、国内では目にすることの出来ない作品が揃う貴重な機会です。
ルオーの風景画の傑作、《夜の風景または作業場での乱闘》(オルセー美術館蔵)と《キリスト教的夜景》(ポンピドゥーセンター国立近代美術館蔵)も日本初上陸。