学芸員や館長が、様々な視点やアプローチにもとづく講座を開催!

 

tsukubaart.jpgtsukubaart-out.jpg

つくば美術館および本館(茨城県近代美術館)や五浦美術館の学芸員、そして時には館長が、様々な視点やアプローチにもとづく講座を行います。 
経験や研鑽を通じて学んだことをはじめ、展覧会で関わった作家の人となりなど、学芸員でなければ語れないエピソードなどについてお話します。 
毎月第2土曜日の午後は、つくば美術館の講座にぜひご参加ください。(聴講無料)

[25年度後期講座内容] 
企画展『ようこそ、白牙会展へ—茨城洋画界の幕開け』連続講座

◆第8回「美術館のはじまり—茨城、そして国内では…。」 11/9(土) 
講師:吉田衣里(茨城県つくば美術館 主任学芸員)
茨城県に「美術館」が出来た最初は、1947(昭和22)年のことです。それまで「白牙会」は、どこで展覧会を開いていたのでしょうか?茨城の美術館事情と、そこでの展覧会についてお話しします。
(茨城県つくば美術館:「ようこそ、白牙会展へ—茨城洋画界の幕開け」10/26—12/1)開催! 

※都合により内容が変更になる場合があります。