パリからとどいた最新アート・コレクション

 

1_pompidou.jpg6_ernesto neto.jpg7_Jason rhoades.jpg2_Farah Atassi.jpg

 

フランス、パリのポンピドゥー・センターにあるパリ国立近代美術館は、1977年の開館以来、ニューヨーク近代美術館と並んで近・現代美術に関する世界で最も重要な拠点として知られています。
特に現代美術の収集は活発に行われ、巨匠から現在活躍中の美術家の作品にいたるまで、幅広く刺激的な内容を持つコレクションは常に増加を続けています。

展覧会では、この美術館の支援団体「国立近代美術館友の会(la Société des amis du Musée national d’art moderne)」が2002年に立ち上げた「現代美術プロジェクト(le Projet pour l’art contemporain)」によって、ここ10年間に収蔵された現代美術のコレクションを中心に、最前線の美術の様相を示す優れた作品群を大規模に展示します。

この美術館の先進的でかつ精力的な作品収集活動を紹介し、世界の現代アーティストの活力あふれる多様な美術表現を楽しんでいただきます。