ブリヂストン美術館が所蔵する絵画と彫刻、合計約160点をご紹介します。

 

01Degas dancers .jpg06 Monet Venice.jpg04Degas scarp.jpg10RODIN_The Age of Bronze.jpg

 

画家と彫刻家。画家は絵画を描き、彫刻家は彫刻を制作します。
エドガー・ドガのように、絵画だけではなく、彫刻も重要な表現手段とした芸術家もいました。絵画と彫刻をあわせてご覧いただくことで、それぞれの特徴が際立ってきます。

19世紀後半、画家と彫刻家の作品をあわせて展示する試みがなされました。1889年にパリのジョルジュ・プティ画廊では『モネ・ロダン展』が開催され、クロード・モネの絵画とオーギュスト・ロダンの彫刻が展示されました。そしてその展覧会を見た批評家オクターヴ・ミルボーは、「彼らは絵画と彫刻というふたつの芸術を今世紀でもっとも見事に、究極的に演じてみせた」と絶賛しました。

本展では、ブリヂストン美術館が所蔵する絵画と彫刻、合計約160点をご紹介します。ロダンやブールデル、ザツキン、アーキペンコ、ブランクーシなど、ブリヂストン美術館の彫刻ギャラリーに常設されている作品にもご注目ください。

【関連企画】
■土曜講座「彫刻を知る、学ぶ」(全4回)
コレクション展示「画家の目、彫刻家の手」にあわせて開講するシリーズです。
開催日:2月8日、2月15日、2月22日、3月1日
時 間:14:00—16:00(開場13:30)
会 場:ブリヂストン美術館ホール
定 員:130名(先着順)
聴講料:各400円
※各講座の詳細は決定次第、ブリヂストン美術館HPにてご案内します。
※聴講券は美術館チケット窓口にて販売いたします。

■ギャラリートーク
当館の学芸員が展示作品を解説いたします。
日時:毎週水曜日・金曜日 15:00—16:00
会場:展示室
※混雑状況により、ホールでのスライドトークになる場合があります。
※やむを得ず中止することもあります。