ehon.jpg『白いりゅう 黒いりゅう』の中に収められたチベット族の昔話「犬になった王子」が、1冊の絵本になりました。絵を描かれたのは、今回で絵本2作目となる日本画家の後藤 仁さんです。

勇気と希望、愛を描いた壮大な冒険物語を、丹念に描かれた美しい日本画でお楽しみください。皆さまのご来場をこころよりお待ちしております。

 

 


【後藤 仁(ごとう じん)】
1968年兵庫県生まれ。15歳の時、大阪市立工芸高校美術科で日本画を始める。東京藝術大学日本画専攻卒業、後藤純男に師事。在学中より12年間、旧岩崎邸、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙の全復元を行う。中国をはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。 後藤仁のアトリエ http://gotojin.web.fc2.com/
『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店・月刊誌こどものとも2013.3月号)で絵本デビュー。『犬になった王子』(岩波書店)が2作目となる。
・『犬になった王子』2013年11月15日発売(岩波書店 絵本)

日時:2014年1月29日(水)〜3月2日(日) am10:00〜pm8:00
会場:教文館 子どもの本のみせナルニア国(銀座・教文館)
期間中無休・入場無料

★後藤 仁さんトーク&サイン会★
日時:2014年2月2日(日) 午後2時〜(1時間程度)
会場:教文館 子どもの本のみせナルニア国 
予約不要・参加費無料(直接会場へお越しください)
絵本の絵としては大変珍しい日本画———制作の苦労や中国への取材旅行など、『犬になった王子』ができるまでのお話を伺います。また、当日は『犬になった王子』の読み聞かせも行います。原画に囲まれた素敵な空間でのトークです。ぜひご参加ください。(絵本読み聞かせ:おおこしきょうこさん)