絵画は何のために存するのか 絵画とは何なのか

 

1hokuoku-.jpg3rikuraining-.jpg6saikuwaou-.jpg9sonzai-.jpg

 

1980年代初頭に本格的な絵画制作を開始した中村一美(1956生)は、同世代の中でも、もっとも精力的な活動を展開してきた現代美術作家・画家の一人です。

――絵画は何のために存するのか。絵画とは何なのか。
中村は、この疑問に答えるために、ジャクソン・ポロック、マーク・ロスコ、バーネット・ニューマンなど、西欧のモダニズム絵画の到達点とみなされていた戦後アメリカの抽象表現主義絵画の研究から出発し、彼らの芸術を乗り越える新たな絵画・絵画理論を探求します。中村が特に参照したのは、日本の古代・中世絵画、中国宋代の山水画、朝鮮の民画など、東アジアの伝統的な絵画における空間表現や、形象の記号的・象徴的作用でした。

また中村は、絵画の意味は別の絵画との差異の中にしか存在しえないという認識に基づく「示差性の絵画」という概念を、すでに1980年代に提出しています。それゆえその絵画は、同じモティーフに拠りながらも、つねに複数の作品が差異を示しながら展開する連作として制作されてきました。「存在の鳥」連作に代表される近年の絵画では、象形文字を思わせるマトリクスに基づきながら、多様な色彩や筆触や描法を駆使することで、抽象とも具象とも分類できない、新しいタイプの絵画の創造に取り組んでいます。

展覧会では、学生時代の習作から最新作「聖」まで、およそ150点の作品に
よって中村一美の絵画実践の全貌を紹介するとともに、2010年に構想され
ながら実現を見ていない、斜行グリッドによるウォール・ペインティングを
初めて公開いたします。日本の現代絵画・現代美術の、到達点の一つを確認
する絶好の機会となることでしょう。