3月の流山・見世蔵は「3/5(水)〜30(日)スプリングコレクション」「3/8(土)歴史と文化のトーク&トーク〈利根運河を完成させた男 志摩万次郎〉」「3/23(日)中里保子さんの万華鏡講座「磁器で作る春色万華鏡」」「3/29(土)利根運河=お花見&史跡・酒蔵めぐりウォーク」を開催。 
 

spring_1.jpgkouza_2.jpg

 

■3月5日(水)~30日(日)
スプリングコレクション

国内外の作家による、桜や菜の花など心浮き立つ春をイメージした万華鏡の数々を展示・販売いたします。
カラフルな万華鏡をどうぞお楽しみください!

■3月8日(土) 13:30~15:00
第6回 歴史と文化のトーク&トーク in ながれやま
利根運河を完成させた男 志摩万次郎

利根運河を完成させ、山県有朋総理大臣を招いて竣工式を挙行したのは利根運河会社2代目社長・志摩万次郎であった。しかし、利根運河開削の第一の功労者でありながら、これまでその実態は不明のまま謎の人物とされていた。
新発見の資料をもとに、これまで誰も解き明かすことのなかった志摩万次郎と、運河完成にいたる実態に迫まる流山史跡ガイドの田村さんのトーク&トークです。
会 場:流山福祉会館(見世蔵受付)
定 員:30名
参加費:500円

■3月23日(日)10時30分~ 13時30分~
中里保子さんの万華鏡講座「磁器で作る春色万華鏡」

釉薬の2色かけ分けで、表面に幾何学模様が浮き出ている磁器製の筒で作ります。紫外線接着で仕上げるオイルタイプのオブジェクトで、2箇所ハンダ付けの作業がありますが、初めての方でもしっかりサポートいたします。
*ハンダ付けとは、ハンダ(鉛とスズを主成分とした合金)を熱で溶かしたものを一種の接着剤として用いることにより、金属や電子部品を接合する作業のことです。

・定員:各回15名
・場所:流山福祉会館(見世蔵受付)
・指導:中里保子氏(流山在住万華鏡作家)
・参加費:7,000円
・申込受付:3月1日(土)より3月19日(水)まで
*定員になり次第締切

■3月29日(土)13時~16時
運河通船営業開始125回記念
利根運河=お花見&史跡・酒蔵めぐりウォーク

3月25日は運河通船営業開始記念日で、今年は125回目を迎えます。NPO流山史跡ガイドの会の皆様にサポートしていただき、春の足音を感じながら利根運河周辺を散策します。

ルート:利根運河交流館~1.運河水辺公園(史跡・桜)~2.深井城跡~3.におどり公園(桜)~4.運河大師~5.窪田酒造~運河水辺公園  
全行程 約3.5km
・定  員:40名
・集合場所:運河交流館  13:00集合
・解散場所:運河水辺公園 16:00解散
・参 加 費:500円(資料代・傷害保険料)
・申込締切日:3月26日(水)*定員になり次第〆切