「アーカストーク ON AIR TODAY in YOKOHAMA@新・港村」について

ヨコハマトリエンナーレ2011特別連携プログラムである「新・港村ーちいさな未来都市ーBankART Life 3」。新しい未来と村を創造する実験的な試みに賛同したアーカスプロジェクト(茨城県守谷市を拠点)は、新・港村の村民としてアーカススタジオサテライトというアーティストの制作場所を設置しています。 

本企画は「新・港村」の会期終了にあたり、アーカスプロジェクトが企画するトークシリーズになります。およそ二ヶ月間、アーカススタジオサテライトと宮城県を往復しながら活動した日本人アーティスト・ニシコによる成果報告や、2008年よりアーカススタジオで作品を設置しているアーティストの冨井大裕と前アーカスプロジェクトディレクターの遠藤水城(インディペンデント・キュレーター)とによる対談、加えて、アーティスト・イン・レジデンスの最前線で働くコーディネーターによる会議を行います。今回のトークシリーズは、アーティストの活動を支援する体制づくりについて、3.11以後の今と過去を比較しながら考える機会となります。

実施日:11月3日(木)〜11月5日(土)
場所:新・港村ーちいさな未来都市ーBankART Life 3(アクセス情報は文末) 
http://www.arcus-project.com/jp/event/2011/ev_jp111028142800.html

[プログラム]
◎11月3日(木) 16:00〜17:00
「地震を直すプロジェクトのはじまり、いま、みらい」 
出演:ニシコ(アーティスト) 
場所:新・港村Bゾーン|アーカススタジオサテライト 
参加費:無料 
申し込み:不要 

◎11月4日(金) 19:00〜21:00 
「アーカスのAIR 2007-2009 〜地域の人の鑑賞/受容のさまざまなありかた(仮)〜」 
出演:遠藤水城(インディペンデント・キュレーター/前アーカスプロジェクトディレクター)、冨井大裕(アーティスト) 
場所:新・港村Dゾーン|自由広場 
参加費:無料 
申し込み:不要 

◎11月5日(土) 15:00〜17:00  ※17:00〜18:00頃(交流会) 
「AIR コーディネーター会議〜AIR コーディネーターという特殊技能について、3.11以降の関東圏AIR危機管理についてのオープンディスカッション〜」 
出演:鈴木慶子(遊工房)、黒田みのり(滋賀県立陶芸の森)、杉山豪介(アーカスプロジェクト)、他交渉中 
場所:新・港村Dゾーン|スクール校舎 
参加費:無料 
申し込み:不要

○本企画についてのお問い合わせ
担当:小田井真美(アーカスプロジェクト)
(TEL) 0297-46-2600  (E-MAIL) arcus@arcus-project.com