01.jpg

アルプスに魅せられた画家 ジョヴァンニ・セガンティーニ 
 

本年4月に開催予定で、震災のため延期になったセガンティーニ展がついに11月23日より開催されます。

ジョヴァンニ・セガンティーニ(1858-99年)は、アルプスの山々に魅せられその風景を描き続けた画家です。 

セガンティーニの描く明るく清澄な空気と素朴で美しい自然、またそのなかに住む実直な人々や動物たちは、見る人の心を清々しい気持ちにさせてくれます。 

本展は、ミラノでの初期の古典主義的な画風から、独特の分割技法を確立し、さらに象徴主義へ移行していった、画家の全貌を紹介するものです。 

セガンティーニは、日本では、まとまったかたちで紹介されることがほとんどなく、回顧展が行われたのは33年も前のことです。そして彼の41年という短い生涯で、残された作品は非常に少ないなか、約60点を展覧する今回の展覧会は、とても希少な機会です。ぜひお見逃しないようご案内申し上げます。 

[関連プログラム] 
◆ギャラリー・トーク/学芸員が会場内で作品の解説をします。 
◎小中学生と保護者12/2(金)・12/9(金)いずれも17:00から 
◆常設展示コーナー 
ゴッホ《ひまわり》、ゴーギャン《アリスカンの並木路、アルル》、セザンヌ《りんごとナプキン》、東郷青児、グランマ・モーゼス 

アルプスの画家セガンティーニ —山と光— 
会期   2011年11月23日(水・祝)〜12月27日(火) 
時間   10:00〜18:00(入館は17:30まで) 
休館日  月曜日定休 
会場   損保ジャパン東郷青児美術館(東京・西新宿) 
入館料  一般¥1,000/大・高校生¥600/65歳以上¥800/中学生以下は無料 
交通   JR「新宿駅」西口より徒歩約5分 
問合   損保ジャパン東郷青児美術館 03-5777-8600(ハローダイヤル) 
     http://www.sompo-japan.co.jp/museum/