海外・地域・日本のアーティストが「未来」を語る2日間! 
 
◆オープンスタジオ_03『 トリプルスタンダード』
11月26日(土)、27日(日)12:00-19:00
滞在成果と帰国後の計画、また自身の創作活動に対しどんな確信を得たのかを報告する機会となります。また、H+H(ヒビノホスピタル)ワークショップ実施を通じ、アーカスプロジェクトの活動初期から恊働するアーティスト日比野克彦氏がAIRと地域の関係性について守谷市長と対談します。海外のアーティスト、地域、日本のアーティストの三者が織りなす独特なアーカスの景色の中で、「未来」について語り合い、思いを馳せる2日間となります。 

〈レジデントアーティスト〉 
ヴォイチェフ ギレヴィチュ / Wojciech Gilewicz
http://www.arcus-project.com/jp/residence/2011/wojciech_gilewicz.html
ワイ クエン フイ / Wai Keung Hui
http://www.arcus-project.com/jp/residence/2011/wai_keung_hui.html
ファザル リズヴィ / Fazal Rizvi
http://www.arcus-project.com/jp/residence/2011/fazal_rizvi.html

────────────
オープンスタジオ特別企画
────────────
1. アーカスラジオ館内放送 
時間=26日(土)12:00-14:00 |アーティスト=毛原大樹|会場=ロッカールーム 
「ラジオワークショップ」 
一から作るラジオのワークショップ。ラジオアーティスト毛原大樹氏と共にロッカールームにラジオブースを設営、自ら発信するラジオについて学び、自由なメディア表現に挑みます。 
参加者&ラジカセ募集中
(お問い合わせはアーカススタジオまで=arcus@arcus-project.com) 
時間=26日(土)14:00-19:00(with毛原大樹)、27日(日)12:00-19:00 
アーティスト、市民、来場者、スタッフ、誰でも参加型ラジオ。音源、話題持ち込み歓迎。 

2. 西尾千尋+神村恵+しばたみづき+山口礼子の公開制作 
4名のアーティストがひとつのスタジオで同時多発的に制作を行います。 
時間=26日 (土)、27日(日)12:00-19:00|会場=スタジオ1 

3. 日比野克彦(アーティスト)+会田真一(守谷市長)対談 
[AIRと地域とアーティスト] 
時間=27日(日)15:30-17:30|会場=ロッカールーム 

4. クロージングパーティ 
時間=27日(日)18:00-20:30|会場=ロッカールーム|参加費=無料 
もりや学びの里広場にて、ワイ・クエン・フイ「宇宙への灯籠流し」プロジェクトの公開撮影があります。 

5 映像鑑賞合宿「All ABOUT MY ARCUS」 
第ニ回■オープンスタジオ03同時開催 
時間=26日(土)21:00-10:00(翌朝) 
参加定員=30名(事前予約が必要です。HPをご覧下さい) 
参加料=500円(朝食代として)|持参するもの=寝袋、ほか 

───
News!
───
プログラム終了ぎりぎり!!、もうひとり特別招聘が決定。 

招聘期間: 11月下旬〜12月中旬まで。 
Helmut Batista(ブラジル/capaceteディレクター)
2009年度アーカス公募の国際審査員でもあったHelmut Batista氏には、これまでと近年のアーカスプロジェクトの「地域との関わり」、「震災後の国際AIRの有り様」について、守谷市内に滞在しながら広くリサーチを行っていただきます。滞在期間中にトークを予定しています。 

【関連サイトとプロフィール】 
http://www.arcus-project.com/jp/residence/2009/
http://www.capacete.net/eng/
http://studytourbrazil.wordpress.com/rio-de-janeiro-2/capacete-2/

アーカス・オープンスタジオ 
開催期間   11月26日(土)・27日(日) 
開催時間   12:00〜19:00 
開催場所   もりや学びの里(守谷市板戸井2418)
アクセス   TX「守谷駅」よりモコバスAルート守谷高校前下車/TX「守谷駅」乗換、関東鉄道常総線「新守谷駅」下車、タクシーで約5分。
イベント情報の詳細は、
http://www.arcus-project.com/jp/event/2010/ev_jp101105160211.html