0328kujikenaide.jpg

 

〜著名人がつむぐ心と心の絆〜 

この度、平成24年3月1日から1年間、東日本大震災復興支援企画「100歳の詩人 柴田トヨ『くじけないで』」展を開催します。
岩手県の盛岡市民文化ホールを皮切りに、平成25年3月まで、全国の会場を巡回します。 

現在100歳のおばあちゃん詩人、柴田トヨさんは92歳から産経新聞朝刊の「朝の詩」欄へ投稿を始め、今なお「詩」の制作を続けています。 
一昨年、投稿した詩をまとめた詩集「くじけないで」を出版し、優しい言葉に溢れた詩は、多くの人の共感を呼び、「百歳」(2011年)とあわせて合計200万部を超えるベストセラーとなりました。 

昨年3月の東日本大地震発生後には、「被災者の皆様に」「被災地のあなたに」を発表し、被災された方のみならず多くの方に勇気と感動を与えました。 

今回、トヨさんの詩に感銘を受け企画に趣旨に賛同した片岡鶴太郎、市川團十郎、TAKAHIRO(EXILE)、コシノヒロコ、八代亜紀、やなせたかしら36人の各界の著名人が東日本大震災被災地の復興を願い、心を込めてトヨさんの詩を揮毫しました。 

本展覧会では、著名人が揮毫したトヨさんの詩(78点)や展覧会への思いをつづった揮毫者のメッセージのほか、写真家・荒木経惟(アラーキー)が撮影したトヨさんのポートレート、トヨさん愛用品、被災地に向けたビデオメッセージなどを紹介します。 

東日本大震災で被災された方に向けて制作されたトヨさんの詩「被災地の皆様に」の意志を継ぎ、展覧会の収益の一部は、被災地の復興に役立てます。 

【柴田トヨ(しばた・とよ)】
1911(明治44)年6月26日、栃木市に生まれる。裕福な米穀商の1人娘だったが、10代のころに家が傾き、料理屋などへ奉公に出る。33歳のときに結婚し、翌年、長男・健一を授かる。90歳を過ぎてから詩作を始め、新聞に投稿を続ける。2010年3月、処女詩集「くじけないで」を出版、第2弾「百歳」と併せて200万部を超えるベストセラーになる。同書は韓国、台湾、オランダで翻訳出版され、イタリア、スペイン、ドイツでも刊行予定。 

【会期・会場】
① 3月1日(木)〜20日(日) 岩手県/盛岡市民文化ホール・展示ホール 
② 3月28日(水)〜4月3日(火) 東京都/西武池袋本店別館2階=西武ギャラリー 
③ 6月16日(土)〜7月29日(日) 栃木県/とちぎ蔵の街美術館 
④ 8月29日(水)〜9月9日(日) 兵庫県/そごう神戸店 
※以降、2013年3月末まで全国を巡回予定 

【揮毫者】 
朝海ひかる(女優)/荒木経惟(写真家)/市川團十郎(歌舞伎役者)/市原悦子(女優)/遠藤保仁(プロサッカー選手)/小原宏貴(いけばな小原流家元)/片岡鶴太郎(俳優・画家)/菊池雄星(プロ野球選手)/絹谷幸二(洋画家)/黒田征太郎(イラストレーター)/コシノヒロコ(ファッションデザイナー)/斉藤由貴(女優)/佐久間良子(女優)/佐藤可士和(AD・CD)/佐々木秀実(シャンソン歌手)/ジュディ・オング(歌手・女優・木版画家)/新川和江(詩人・「朝の詩」選者)/TAKAHIRO(歌手・EXILE)/武田双雲(書道家)/勅使河原茜(いけばな草月流第四代家元)/仁藤萌乃(歌手・AKB 48)/日野原重明(聖路加国際病院理事長)/船村徹(作曲家)/舞の海秀平(元大相撲力士・スポーツキャスター)/三浦雄一郎(プロスキーヤー・登山家)/三國連太郎(俳優)/水谷豊(俳優)/武良布枝(主婦・水木しげる夫人)/プリンセス天功(イリュージョニスト)/森清範(清水寺貫主)/森昌子(歌手)/八代亜紀(歌手)/やなせたかし(漫画家)/山田俊和(中尊寺貫首)/山田法胤(法相宗大本山薬師寺管主)/渡部陽一(フォトジャーナリスト)   (五十音順、敬称略) 

【展示内要】 
・ 揮毫者が揮毫したトヨさんの詩(78点)
・ 各揮毫者のメッセージ入りパネル(36点)
・ 写真家・荒木経惟(アラーキー)が撮影したトヨさんのポートレート
・ トヨさんの直筆原稿、愛用品、被災地に向けたビデオメッセージなど

東日本大震災復興支援企画「100歳の詩人 柴田トヨ『くじけないで』」展
会期:2012年3月28日(水)〜4月3日(火) 
時間:午前10時〜午後8時(入場は閉場の30分前) 
会場:西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー 
料金:一般・大学生500円(高校生以下無料) 
交通:各線「池袋駅」「西武池袋駅」下車 
問合:西武池袋本店 03-3981-0111(大代表) 
   http://www.seibu.jp