burne-jones.jpg

 

物語の世界を描いた、英国絵画の巨匠バーン=ジョーンズの全貌に迫る日本初の個展です! 

〜『夢の国』に住む一番素敵な若者の一人〜 
時代の寵児ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにそう云わしめた気鋭の画家エドワード・バーン=ジョーンズ(1833〜98)は、イギリスの工業都市バーミンガムで額縁職人の子として生まれました。 

オックスフォード大学で生涯の友ウィリアム・モリスと出会い、1861年にはアーツ・アンド・クラフツ運動の起点となる共同事業を創始します。そして、19世紀末には、その詩情にみちた静謐な画風によってヴィクトリア朝絵画の頂点をきわめました。しかし、その活動の全体像については、これまでに十分に把握されてきたとはいえません。 

本展は、バーン=ジョーンズの全貌に迫る日本初の個展です。ランカスター大学ラスキン図書館・研究所長スティーヴン・ワイルドマン氏を監修者に迎え、世界屈指のコレクションを収蔵するバーミンガム美術館の協力を得て、油彩画、水彩画、素描、貴重書、タペストリなど、国内外から厳選した約80点を、聖書・神話・物語のテーマごとに展覧します。 

「聖ゲオルギウス」「クピドとプシュケ」「ピグマリオン」「ペルセウス」「いばら姫」など、バーン=ジョーンズ芸術の真髄を伝える代表的連作を紹介します。 

[関連イベント] 
●うちわに描こう!みんなの物語
 
夏休み家族応援企画として、家族向けプログラムを開催します。神話や物語に由来する作品を多く手がけたバーン=ジョーンズ。 
その特性にちなんで、参加者それぞれが新たにつくる物語を、うちわに描いていくワークショップを行います。ぜひご参加ください! 
日時:7月22日(日)10:00-11:30/8月1日(水)10:00-11:30 
講師:大高 幸 (アート・エデュケーター。ニューヨークで活躍後、現在慶應義塾大学非常勤講師、放送大学客員教授として活躍中) 
会場: 三菱一号館美術館 
対象者: 小学2年生〜6年生1人以上 ※その付添いの大人1人以上 
 ※ご家族ご一緒にお楽しみいただくプログラムの為、大人の同伴必須。 
定員: 各回16人(小人・大人含む)※事前に必ずお申込み下さい。 
 ※多数ご応募があった場合は抽選となります。 
参加費: 参加小学生+付添大人(1人分のみ)は無料 
 ※大人2人目以降は入館料を頂きます。※参加者はワッペンにて当日再入場可。  お申し込み期間: 5月15日(火)〜6月30日(土) 
 ※結果は当選者の方のみに7月上旬にメールもしくはFAXにてご連絡致します。 

[丸の内アートサロン 展覧会を語る] 
●バーン=ジョーンズ展 —装飾と象徴— 

本展担当学芸員が、19世紀末イギリス絵画の巨匠バーン=ジョーンズが描いた静謐な美についてご紹介するアートセミナーを開催致します。 
パネリスト:加藤明子(三菱一号館美術館 学芸員) 
日時:7月13日(金)19:00-20:30(受付開始18:40) 
会場:marunouchi cafe SEEK(新東京ビル2階) 
定員:50名 
参加費:1,000円 
申し込み方法:marunouchi cafe SEEKホームページ 
※6/1(金)よりメール受け付け開始 
http://www.marunouchicafe.com/seminar/index.html 

バーン=ジョーンズ展 —装飾と象徴— 
会  期:2012年6月23日(土)〜8月19日(日) 
開館時間:[火・水・日・祝]10時〜18時、[木・金・土]10時〜20時 
但し8月13日(月)は18:00まで開館 ※いずれも最終入館は閉館の30分前まで 
会  場:三菱一号館美術館 http://mimt.jp 
場  所:東京都千代田区丸の内2-6-2 
休 館 日:毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日休館) 
入 館 料:一般1,500円/高校・大学生1,000円/小・中学生500円 
アクセス:地下鉄千代田線「二重橋前駅」1番出口から徒歩約3分 
     都営三田線「日比谷駅」B7番出口から徒歩約4分 
     JR「東京駅」丸の内南口から徒歩約5分 
     JR「有楽町駅」国際フォーラム口から徒歩約5分 
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル) 
     http://mimt.jp/bj/