0911ikiteirukenchiku.jpg

「みんなの家」が問いかける次世代に向けた創造力とは何か

NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクトでは、次世代クリエーションを模索する企画の一環として、この度、建築家の伊東豊雄氏とローマ在住のアーティスト、多木陽介氏の対談を9月11日(火)に開催します。

このセミナーで取り上げられる主題の一つである、震災後の伊東氏の取り組みである「みんなの家プロジェクト」は、現在開催中のヴェネチア・ビエンナーレ建築展にてその概要が発表され、最高賞となる金獅子賞を受賞しました。
当セミナーは、伊東氏が帰国後初の対談となり、ヴェネチアの報告もふまえ、
「みんなの家」が問いかける次世代に向けた創造力とは何かを語ります。

「生きている建築へ−新しい創造力のために−」
講演:伊東豊雄(建築家)
   多木陽介(演出家/アーティスト)
会場:アクシスギャラリー
   港区六本木5−17−1 アクシスビル4F
   03−5575−8655(当日のみ)
参加費:1,500円
定員:150名(申し込み先着順)
申込:NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト
   http://madeinjapanproject.org/app/ 

『生きている建築へ−新しい創造力のために−』
日時:2012年9月11日(火)
時間:18:30−20:30 開場18:00
料金:参加費1,500円
会場:アクシスギャラリー(03−5575−8655(当日のみ))
場所:港区六本木5−17−1 アクシスビル4F
問合・申込:NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト
   http://madeinjapanproject.org/news/20120911_ikiteiru/