chirashi01.jpg

これぞバロック 

17世紀バロック時代のヨーロッパに名をとどろかせた画家ペーテル・パウル・ルーベンス(1577〜1640)。アントワープで親方資格を得たルーベンスは1600年、イタリアに向けて出発し、マントヴァ公爵の宮廷画家になります。イタリアでは、ローマをはじめ各地を訪問し、古代、ルネサンス、当代の美術を学びました。 

イタリア滞在を終えてアントワープに帰郷したルーベンスは、南ネーデルランド(フランドル)の統治者アルブレヒト大公とイザベラ大公妃の宮廷画家に任命され、大規模な工房を設立し精力的に活動しました。 
1619年頃からは自作の版画に対する独占的版権を獲得し、自らの構図を正しく普及させることに努めます。 

さらには1623年頃から、絵筆を持った外交官として各国の宮廷で手腕を振るいながら和平交渉に臨み、スペインとイギリスとの和議の成立に貢献しました。 
一方、二度の結婚を通じ8人の子供をもうけ、子供たちの教育に熱心な、家族思いの父親でもありました。 

本展は、イタリア滞在の影響を示す作品をはじめ、彼自身の手になる卓越した作品、工房作品、工房内の助手が独立して描いた作品、彼が直接指導して制作させた版画などを通じ、その制作の実態に迫る日本初の試みです。 
家族の肖像も含め、日本ではまだあまり知られていない巨匠の真の姿を紹介します。 

[展覧会のポイント] 
1)世界各地から厳選された良作が集結、油彩画のほとんどが日本初公開
 
2)イタリアに学ぶ 
・イタリア滞在中に古代およびルネサンスの芸術・文化を研究 
・ラファエッロやティツィアーノの工房経営や版画制作のありかたを学ぶ 
3)制作スタイルの実態を検証 
・当時人気だった専門画家との共同作品 
・ルーベンスの「見えざる手」になった人物画の助手達 

[展示構成] 
第1章|イタリア美術からの着想
 
ルーベンスがイタリアにインスピレーションを得て制作した作品の展示を通じて、彼がルネサンスおよび同時代の作品からどのような影響を受けたのかを探ります。また、古代彫刻の学習と、そのモティーフをルーベンスが自作品にどのように取り入れていったのかを示します。 
第2章|ルーベンスとアントワープの工房
ルーベンスの自筆作品(完成作および油彩スケッチ)、ルーベンスの構想に基づいて工房の画家たちが制作した作品、工房の画家が制作を担当し、それにルーベンスが加筆した作品、工房によるレプリカなどを展示して、ルーベンス工房における絵画制作のあり方を探ります。
第3章|専門画家たちとの共同制作 
ブリューゲル(静物・動物・風景画家)、スネイデルス(静物・動物画家)、ウィルデンス(風景画家)らが単独で制作した作品とともに、これらの専門画家たちが、ルーベンスら人物画家たちとともに制作した作品を展示して、アントワープにおける共同制作の流行を紹介します。 
第4章|工房の画家たち 
アントーン・ヴァン・ダイク、ヤン・ファン・デン・フッケ、アブラハム・ファン・ディーペンベーク、ヤン・ブックホルストなど、ルーベンスの工房で活動した経験を持つ画家たちの作品を展示し、これらの画家たちのルーベンス様式との近さ、および距離を探ります。 
第5章|ルーベンスと版画制作 
当時重要視されていたのは、画家の「構想」。それを正しく伝えるため、ルーベンスは自らの監督下、複製版画制作に乗り出します。あまりの厳しさに、追いつめられた版画家がルーベンス暗殺を企てたとも伝えられています。 

ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア
期間:2013年3月9日(土)〜4月21日(日) 
時間:10:00〜19:00[入館は18:30まで] 
毎週金・土曜日は21:00まで[入館は20:30まで] 
休館:会期中無休 
料金:一般1,500円/大学・高校生1,000円/中学・小学生700円 
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム 
   http://www.bunkamura.co.jp/museum/ 
場所:東京都渋谷区道玄坂 渋谷・東急本店横 
交通:JR「渋谷駅」ハチ公口より徒歩7分 
問合:03-5777-8600(ハローダイヤル) 
   http://rubens2013.jp/