01apollon.jpg

怪物たちはどこから来たのか? 

1886年、現代生活を描いた色鮮やかな作品がならぶ第8回印象派展の会場に、幻想的な白黒の木炭画を出品した画家がいました。フランス象徴主義を代表する画家オディロン・ルドン(1840〜1916)です。 

外界と現実を重視した写実主義が台頭する中、内面を重視し夢の世界を描いたルドンは、やがて写実性への反動の高まりとともに注目を集め、次世代の画家や文学者、批評家たちの支持を集めていきました。しかしその一方で、ルドンは実証的な自然科学に対しても決して無関心ではなく、その影響はルドンの幻想的な作品でも見ることができます。 

本展覧会では、まずルドンの幻想と自然科学への関心が、生まれ故郷であるフランス南西部の都市ボルドーでつちかわれたことに注目し、青年ルドンがボルドーで何を学んだかに焦点をあてます。さらにこのボルドーでの発見が、その後の「黒」と「色彩」の作品でどのように展開し昇華したのかを探ります。 

本展覧会はフランスのボルドー美術館、ならびに国内最大のルドン・コレクションを所蔵する岐阜県美術館の全面的な協力のもと、油彩、パステル画を含む約150点の作品を一堂に展示し、画家オディロン・ルドンの「夢の起源」をたどります。

★4月20日(土)はルドンの誕生日★ 
4月20日に来館した先着100名様にルドンから素敵なプレゼント!

『オディロン・ルドン —夢の起源』 
会期:2013年4月20日(土)〜6月23日(日) 
時間:10:00〜18:00(金曜日は20時まで)※入館は閉館の30分前まで 
休館:月曜定休(ただし4月29日、5月6日は開館) 
会場:損保ジャパン東郷青児美術館 
住所:東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル42階 
料金:一般1,000円/大学・高校生600円/シルバー〈65歳以上〉800円/中学生以下は無料 
交通:各線「新宿駅」西口より徒歩約5分 
問合:損保ジャパン東郷青児美術館 03-5777-8600(ハローダイヤル) 
   http://www.sompo-japan.co.jp/museum/