不思議な出会いが人生を変える

 

06harukanarutabi.jpg

 

シュルレアリスムとは、第一次大戦直後のパリにおこり、やがて全世界に波及していった20世紀最大の芸術運動です。 
本展はその広い領域と長い期間にわたる豊かな成果のなかから、おもに日本にある親しみやすい作品や資料を精選して、これまでにない斬新な視点のもとに、展示・解説し、今日にも有効なシュルレアリスムの生き方を追体験しようとするものです。 

〈遊ぶ〉というキーワードは、この運動の参加者の精神のありかたを示しています。伝統的な美術の枠から抜けでて、自由な表現をめざしたシュルレアリストたちは、実際にさまざまな集団ゲームを日々おこなっていたばかりでなく、遊びに似た手作業から、驚異にみちた作品をつくりつづけました。そこにもまた、日常の現実のうちにひそむ本当の現実「超現実」への出口があると考えられたのです。 

オブジェやコラージュ、レイヨグラフやフロッタージュやでデカルコマニー…彼らの用いた方法は、正規の美術教育とは無縁の、手による作業でした。 
本展ではワークショップなども用意して、観客もまた彼らにならって遊ぶことができるように誘いつつ、シュルレアリスムの〈遊ぶ〉姿勢と精神を共有していただければと願っています。 

[所蔵品コーナー] 
ゴッホ《ひまわり》、ゴーギャン《アリスカンの並木路、アルル》、セザンヌ《りんごとナプキン》、東郷青児、グランマ・モーゼス 
 

〈遊ぶ〉シュルレアリスム —不思議な出会いが人生を変える— 
会期:2013年7月9日(火)〜8月25日(日) 
時間:午前10時〜午後6時 ※入館は午後5時30分まで 
休館:月曜定休(ただし7月15日は開館) 
会場:損保ジャパン東郷青児美術館 
住所:東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル42階 
料金:一般1,000円/大学・高校生600円/シルバー〈65歳以上〉800円/中学生以下は無料 
交通:各線「新宿駅」西口より徒歩約5分 
問合:損保ジャパン東郷青児美術館 
   http://www.sompo-japan.co.jp/museum/