edokaiga-poster.jpg

 

今年に入ってから「江戸絵画」に関する展覧会が開催され、関連書籍が続々刊行されている。展覧会では「江戸絵画の奇跡」(江戸東京博物館)、「若冲が来てくれました」(岩手博物館)。 『江戸ワールド 大雅、良寛、一茶、若冲、華山etc.』。
書籍では狩野永徳を描く「花鳥の夢」「洛中洛外画狂伝」、尾形光琳の世界「光琳ひと紋様」光琳派の酒井抱一・鈴木其一が登場する「麗しき花実」、解体新書を描いた小野田直武の「風狂の空」などが刊行されている。

絵画史を見てみると、大きく二つの流れがある。一つは中国からの水墨画を範とする「唐絵」。もう一つは、自然の息づかいに耳を傾け共存するやまと心を、煌びやかな芸術に結実された「やまと絵」。
やまと絵で有名な土佐光信の土佐派や、狩野永徳、狩野探幽、狩野山楽などの狩野派などは、室町・安土桃山時代より御用絵師(官画派)として活躍し、工房経営を用いて幕府・宮廷の多くの作品を残した。したがって御用絵師たちの牙城は遥かに高く、長谷川等伯らの民間画派がそこに食い込むことが非常に難しかった。

17世紀初頭、京都の町人俵屋宗達によって、装飾性に優れた日本の古典美術を復興しようとする機運が高まり、その流れは18世紀初頭の尾形光琳、19世紀初頭の酒井抱一、そして20世紀前半の神坂雪佳へと受け継がれていく。この琳派の流れこそ、日本人の人生に対する詩的な感情や、草木や鳥、虫など身近な自然に寄せる深い愛情を、端的に表してきた美術流派といえるだろう。

また、官画派である狩野派や土佐派は、絵の手本(粉本)を中国と日本の古典絵画に求めて、自然の形態や現実の風景を写そうとする姿勢から遠ざかっていった。狩野派に学んでその弊害を悟った円山応挙は、物の形や実景を忠実に写す“写生”の重要性を自覚し、実践してみずから新鮮な作品を世に送り出し、そのかたわら多くの門弟を育てた。呉春とともに興した円山四条派は隆盛を極め、やがては動物画を得意とした森狙仙の森派(大坂に活躍)や岸駒の岸派(京都に活躍)なども派生して、竹内栖鳳ら近代の関西日本画壇の基礎を築いていった。

各地に群雄が割拠した戦国時代が終わり、日本全国が統一された江戸時代に、儒学的な教養や漢詩文の愛好は、武家階級にとどまらず町人や農民まで広く浸透し、中国文人画の学習が流行し、明・清代の画論や画譜から、あるいは長崎にやってきた画家や実物の絵画を通して、絵画理念や描き方を熱心に学んだ。はじめは武家の知識人によってうながされた日本文人画は、町人の池大雅、谷文晁や農民出身の与謝蕪村などの庶民によっても受け継がれ、日本人独自の感性をのびやかに発揮した新鮮な美の領域を開拓していったのだ。

一方、江戸の狩野派中枢に反発した狩野山雪をはじめとして、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢蘆雪らはみな、自由で文化的な環境の京都に活躍し、次世代の主流となっていた保守的な美術思潮に異を唱え、反発する。大胆な発想と型破りな造形が奇想派を排出していった。彼らの、奇想に発した個性的な造形は、時代を超えた今、異端というよりも正統的な創造として高く評価されている。
 
画家が同時代の人々の生き様を率直に写し出した風俗画は、当初桃山時代から江戸初期に京都で流行ったが、新しい権力の所在となった江戸にその場を移し、浮世絵という新しいジャンルに受け継がれる。都市生活の美化、理想化された浮世絵は、木版による版画を表現手段として大衆化し、絵筆で制作する肉筆画も一部の富裕層に好まれ、発展していく。

〈美術展〉
◎『ファインバーグ・コレクション展 —江戸絵画の奇跡−』
(5月21日〜7月15日・東京都江戸東京博物館にて)
ファインバーグ・コレクションは江戸絵画を中心とする日本美術のコレクション。狩野派・土佐派などの官画派作品はほとんど含まれず、江戸期の民間画派の自由で活気に満ちた肉筆画の作品が中心の展覧会となっている。
http://sawawa.jp/event/201306/20-8.html 

◎『若冲が来てくれました   プライスコレクション 江戸絵画の美と生命』
 (5月18日〜7月15日岩手県立美術館   7月27日〜9月23日福島県立美術館)
「美」と「生命力」をテーマにした伊藤若冲を始めとする江戸絵画約100点を展覧!
https://www.ima.or.jp  http://www.art-museum.fks.ed.jp/menu_j.html

◎『浮世絵 Floating World —珠玉の斎藤コレクション』
(6月22日(土)〜9月8日(日)三菱一号館美術館)
浮世絵の黄金期—江戸のグラビア、北斎・広重の登場—ツーリズムの発展、うつりゆく江戸から東京—ジャーナリスティック、ノスタルジックな視線
http://mimt.jp/ukiyoe

◎書道博物館 中村不折コレクション『江戸ワールド 大雅、良寛、一茶、若冲、華山etc.』
(6月28日(金)〜9月25日(水)台東区立書道博物館)
http://www.taitocity.net/taito/shodou/

◎『和様の書』  光悦「四季草花下絵和歌巻」   若冲「檜原図屏風」信長、秀吉、家康の書
(7月13日〜9月8日  東京国立博物館)
光悦「四季草花下絵和歌巻」、若冲「檜原図屏風」、信長、秀吉、家康の書など展示
http://wayo2013.jp/

◎『京都−洛中洛外図と障壁画の美』
(10月8日〜12月1日 東京国立博物館)
現存する全7件の洛中洛外図のすべてと障壁画の美を展覧予定。
http://www.ntv.co.jp/kyoto2013/

〈関連書籍〉
『嵯峨野明月記』辻 邦生著   中公文庫(光悦・宗達・素庵の嵯峨本の世界)
『花鳥の夢』山本謙一著  文藝春秋刊 (狩野永徳と狩野派の苦悩を描く)
『洛中洛外画狂伝』谷津矢車著  学研パブリッシング刊 (若き狩野永徳の世界)
『等伯』上下 安倍龍太郎著 日本経済新聞出版社(長谷川等伯の世界) 
『松林図屏風』萩 耿介著 日経文庫(長谷川等伯の世界)
『闇の絵巻』澤田ふじ子著 光文社文庫(長谷川等伯の世界)
『光琳ひと紋様』高任和夫著  潮出版社刊 (尾形光琳と弟・乾山を描く)
『乾山晩愁』葉室 麟著  角川文庫(永徳、乾山、等伯など江戸絵画の短編集)
『麗しき花実』乙川優三郎著  朝日文庫 (江戸蒔絵師の世界 鈴木其一も登場)
『若冲の目』黒川 創著  講談社刊  (伊藤若冲の謎に迫る)
『風狂の空』城野  隆著  祥伝社文庫 (「解体新書」を描いた小野田直武の世界)
『狩野派絵画史』武田恒夫著   吉川弘文館
『琳派のデザイン学』三井秀樹著   NHKブックス
『すぐわかる日本絵画』守屋正彦著   東京美術
『琳派の美術』仲町啓子著   東京美術