06upiteru.jpg

モローとルオーの芸術世界と心の交流を紹介する世界で初めての展覧会

 

フランス象徴主義の巨匠ギュスターヴ・モロー(1826-1898)と彼の愛弟子で後に20世紀最大の宗教画家と呼ばれるジョルジュ・ルオー(1871-1958)。
本展は二人の芸術世界と心の交流を紹介する世界で初めての展覧会です。

モローは、パリの国立美術学校の名教授としてマティスなど著名な画家を育てました。中でも彼に最も愛された生徒がルオーでした。モローは熱心にこの優秀な弟子を指導し、マティエールと色彩、そして内的ヴィジョンへの関心を目覚めさせます。ルオーは師の教えを確実に受け継ぎ、やがて作品の中で我がものとしていきます。

「親愛なる我が子」「偉大なる父」と彼らの往復書簡の中で呼び合う二人には、師弟を超えた特別な絆がありました。モローは遺言によりルオーをモロー美術館初代館長に任命し、自分亡き後も愛弟子を導き続けます。
ルオーは師への感謝と崇敬の念を生涯忘れず、精神的な父としてのその存在は、ルオーの芸術と人生に深い影響を及ぼしたのです。

本展は、二人の交流の軌跡を辿りながら、モロー晩年の未公開作品や、ルオーの美術学校時代の作品など日本初公開を多く含む油彩画やデッサン(モロー29点、ルオー35点)、往復書簡など約70件により、モローの芸術性がどのようにルオーへと継承され変容したかを検証する画期的な展覧会です。
 

モローとルオー —聖なるものの継承と変容—
期間:2013年9月7日(土)〜12月10日(火) 
時間:午前10時〜午後6時(ご入館は午後5時30分まで) 
料金:一般1,000円/65歳以上900円/大学生700円/中・高校生500円 
小学生以下無料 
休館:水曜日 
会場:パナソニック 汐留ミュージアム 
場所:東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階 
交通:JR「新橋駅」より徒歩8分、東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋駅」より徒歩6分、都営大江戸線「汐留駅」より徒歩5分 
問合:ハローダイヤル 03-5777-8600 
   http://panasonic.co.jp/es/museum/