tokyo photo.jpgtokyo photo2.jpg

 

世界の主要10都市よりトップギャラリーが来日するアジア最大のフォト・フェア

2009年にスタートしたTOKYO PHOTO。5周年の節目となる今年は、東京芝大門の増上寺にて開催!
世界の主要10都市よりトップギャラリーが来日するアジア最大のフォト・フェアです。

現代アートミューシアム世界最多の来場者を誇る英国国立美術館テートモダン(Tate Modern)のフォト・キュレーター、サイモン・ベーカー氏による企画展、米国西海岸屈指の美術館として知られるJ・ポール・ゲティ美術館(J・Paul・getty Museum)による企画展(予定)、東松照明追悼展、ウイリアム・クライン「東京」展、「日中未来のこども100人の写真展」を同時に開催します。

写真作品を販売するアートフェア(見本市)、フォト・キュレーターによる特別展示、コレクターやキュレーター、アーティスト等によるトークショーなど、世界の写真文化の最前線に一同に触れられる特別な4日間。ぜひご期待ください。

■フォトグラフィー至上主義!
今年の東京フォトには、ウイリアム・クラインやエド・ルシェ、ジョエル・マイロウィッツ、森山大道、東松照明などビッグネームの特別企画が目白押し!
その他、荒木経惟や奈良原一高など日本を代表する作家をはじめ、ジャン・バプティスト・モンディーノなども国内初出品!

■「車窓からの眺め」展
 TOKYO PHOTO 2013 × サイモン・ベイカー(テートモダン)
昨年テートモダンでウィリアム・クラインとの大規模な二人展を開催した森山大道はじめ、ニューカラー写真のパイオニアとしてアメリカを代表する作家の一人であるジョエル・マイロウィッツ、カメラを用いて現実と虚構の狭間の世界を写すジョン・ディヴォラの三人による写真展。
英国テートモダンのサイモン・ベイカーのキュレーションによる車窓からの景色にフォーカスした特別展です。

■ウイリアム・クライン「東京」展
独自な手法で都市を切り取る写真家として、ヴォーグのファッションカメラマンとして、そして映画監督として、幅広い分野で第一線で活躍する巨匠、ウイリアム・クライン。
今回展示するシリーズ「東京」はニューヨーク・ローマ・モスクワと続いた都市を主題としたシリーズの一つです。荒れた粒子やブレなど不安定な画面構成によって、急激に成長する都市を捉えた本シリーズ。
64年に作品集として刊行されてから50年を経て、再び東京にて展示します。

■東松照明 追悼展
昨年逝去された東松照明氏を追悼し、東松照明写真展を開催します。
戦後、奈良原一髙、細江英公らとセルフエージェンシー“VIVO”を設立し、また森山大道、荒木経惟と“VIVO”を設立し、また森山大道、荒木経惟らと“WORKSHOP写真学校”を開校するなど、約50年もの間、日本の写真界を牽引し続けた東松照明。
米軍基地常や長崎、沖縄など社会的テーマを独自の感性ででもって表現し続けた東松の代表作を中心に展示します。

第5回インターナショナル・フォトグラフィー・フェア
期間:2013年9月27日(金)〜30日(月)
時間:12:00〜19:00
料金:一般1300円/学生1000円
会場:芝・増上寺
場所:東京都港区芝公園4-7-35
交通:
●JR「浜松町駅」から徒歩10分
●都営地下鉄三田線「御成門駅」から徒歩3分、芝公園から徒歩3分
●都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門駅」から徒歩5分
●都営地下鉄浅草線「大門駅」から徒歩5分
●都営地下鉄大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩7分
●東京メトロ日比谷線「神谷町駅」から徒歩10分
問合:HOW Inc. 03-5414-6405
   http://www.tokyophoto.org