10suiren.jpg

「モネ、風景をみる眼」展特別企画! モネを聴いて、知って、味わって・・・
 モネ芸術を堪能できる3日間

ポーラ美術館(神奈川県・箱根)は、展覧会「モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新」を11月24日(日)まで開催しています。このたび、モネの誕生日である11月14日(木)から3日間、本展の特別企画として、モネに関する様々なイベントを実施することが決定しました。

「モネ祭―モネを祝う3日間」と題された本企画は、モネの芸術を様々な角度から楽しめるように、「モネを聴く」「モネを知る」「モネを味わう」の3つのテーマで構成されています。「モネを聴く」では、「ジャズコンサート×ライトアップ」「パリの街角」を楽しめるコンサートを開催します。

この他、プロジェクションマッピング協会代表理事のmichi氏による協力のもと、モネの作品をモチーフにした映像投影による空間演出の中でジャズを楽しめるコンサートや、パリの雰囲気を感じるバイオリンとアコーディオンによるミニコンサートも開催。モネ芸術と音楽の融合をお楽しみいただけます。

また、「モネを知る」では、当館学芸員や19世紀フランス美術の研究者である喜多崎親(きたさき ちかし)氏(成城大学教授)によるギャラリートークを実施し、様々な角度からモネ芸術と向き合うことができます。そして、「モネを味わう」では、美食家であるモネが好んで食した川鱒やハーブ、南フランスの野菜を取り入れた特別メニュー「ジヴェルニーへようこそ」や、モネが描いた積みわらに見立てたほんのり甘いモンブランなど、本展限定のメニューをお召し上がりいただけます。

なお、11月16日(土)のみ、1,000円以上のお買物をしていただいた方を対象に、モネの睡蓮の傘をはじめとしたグッズが当たる福引を行います。賞品は1等から5等まであり、ハズレはありません。

本展は、印象派を代表する画家、クロード・モネのコレクション数で国内屈指を誇るポーラ美術館と国立西洋美術館による共同企画で、絵画空間の構成という観点から、他の作家の作品との比較を通して、風景に注がれたモネの「眼」の軌跡をたどります。
モネ作品35点を中心に、コローからピカソまで、2つの美術館のコレクションから選び出した同時代の主要作品の数々をあわせ、全5セクション、総数95点の作品によって、モネがカンヴァスの上に作り上げた絵画空間の独自性を明らかにします。

【モネを聴く】
■ジャズコンサート×ライトアップ

プロジェクションマッピング協会代表理事のmichi氏の協力のもと、モネの作品をモチーフにした映像投影による空間演出の中で、トランペット、ピアノ、ベースのトリオによるジャズコンサートを開催します。現代の光でよみがえるモネとジャズのコラボレーションをお楽しみください。 _
【開催日時】11月16日(土)17:00開演(演奏時間:約1時間)
【場 所】地下1階カフェ「チューン」
【出 演】市原ひかり(トランペット)、福井ともみ(ピアノ)、俵山昌之(ベース)
【定 員】なし
【料 金】無料(但し当日入館券が必要)
【会場演出】michi(プロジェクションマッピング協会代表理事)
※11月16日(土)は、開館時間を18:00まで延長して、コンサートを開催します。
(展示室はご覧いただけません)
■ミニコンサート「パリの街角」
パリの雰囲気を感じるバイオリンとアコーディオンの音色をお楽しみください。 _
【開催日時】11月16日(土)11:00~、14:00~(各回30分)
【出 演】SIESTA
【定 員】なし
【料 金】無料(但し当日入館券が必要)
【場 所】地下1階カフェ「チューン」
※カフェのお席のご利用は注文いただける方のみとなります。

【モネを知る】
■学芸員のイチオシトーク「私の選ぶモネ」

全35点のモネ作品の中から、当館学芸員が選んだイチオシ作品を中心に語ります。
【開催日時】11月14日(木)、15日(金)
11:00~、13:00~、14:00~、15:00~(各回30分)
【定 員】先着30名
【場 所】開始10分に地下1階講堂にお集まりください
【料 金】無料(但し当日入館券が必要)
■スペシャルギャラリートーク「モネの変貌―瞬間から主観へ」
19世紀フランス美術を研究する喜多崎親氏(成城大学文芸学部教授)を講師にお迎えし、展示室でモネについてお話いただきます。
【開催日時】11月16日(土)15:00~16:00
【定 員】先着30名
【講 師】喜多崎親(成城大学文芸学部教授) _
【場 所】14:50より地下1階講堂にお集まりください
【料 金】無料(但し当日入館券が必要)

【モネを味わう】
■特別メニュー「ジヴェルニーへようこそ」

レストラン「アレイ」では、美食家であるモネが好んで食した川鱒やハーブ、南フランスの野菜を取り入れた特別メニュー「ジヴェルニーへようこそ」をご用意しました。19世紀フランスの風景画とともに、美食家モネの食卓をお楽しみください。(税込2,730円)
※レストラン「アレイ」営業時間11:00~16:00(L.O.)
■モネの積みわらモンブラン
カフェ・チューンでは、モネが描いた積みわらに見立てたほんのり甘い「モネの積みわらモンブラン」をご用意しました。色彩豊かなフルーツとともに、自家製の2種類のソースでお召し上がりください。(コーヒーまたは紅茶とセットで税込1,200円)
※カフェ「チューン」営業時間10:00~16:30(L.O.) 

ポーラ美術館『モネ祭―モネを祝う3日間』
期間:2013年11月16日(木)17日(金)18日(土)
   「モネ、風景をみる眼」展 開催中〜11月24日(日)
時間:各イベントをご覧ください
休館:—
会場:ポーラ美術館
料金:大人1,800円/シニア(65歳以上)1,600円/大学・高校生1,300円/中学・小学生700円(土曜日は無料) 
会場:ポーラ美術館 http://www.polamuseum.or.jp/ 
場所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285 
交通:JR「小田原駅」、小田急線・箱根登山線「箱根湯本駅」より、箱根登山電車で「強羅駅」下車後、箱根観光施設めぐりバスにて(13分)「ポーラ美術館」下車。 
JR「小田原駅」、小田急線・箱根登山線「箱根湯本駅」より、仙石原経由 湖尻・桃源台行きバスで「仙郷楼前」下車後、箱根観光施設めぐりバスにて(3分)「ポーラ美術館」下車 
問合:ポーラ美術館 TEL.0460-84-2111/FAX.0460-84-3108
   http://www.tbs.co.jp/monet-ten/