4カ国からのアーティストによるミニ・トークとラウンジ・イベント!

アーカスプロジェクトに滞在中のレジデントアーティストがAIT(アーツイニシアティヴトウキョウ)にてミニ・トークを行います。当日は、AIT滞在中のアーティストとキュレーターも交えて、5カ国からのアーティストとキュレーターが集う夜になります。ゆったりとした交流を楽しんでみませんか。
AITでは、12月7日(土)の18:30から21:30まで、第6回AIT+ARCUSナイト「パラレルホーム / Parallel Home」 を開催します。
当日は、現在AITのレジデンス・プログラムにより東京に滞在しているマテオ・ローザ(イタリア)と、アーカスプロジェクトのレジデンス・プログラムにて、茨城県守谷市に滞在しているロドリゴ・ゴンザレス・カスティージョ(メキシコ)、シビレ・ノイマイヤー(ドイツ)、ナンデシャ・シャンティ・プラカシュ(インド)の4人を迎え、彼らの作品について、また、滞在の体験から得たアイディアについてミニ・トークを行います。
朝重 龍太(アーカスプロジェクト/チーフ・コーディネーター)もトークに参加するほか、AITのレジデンス・キュレーター、アナ・プタック(ポーランド出身) も交流に参加します。アーティスト・イン・レジデンスの特徴の一つである「移動すること」「制作すること」について、気軽にアーティストやキュレーターと意見交換をしてみませんか。皆さんのご参加をお待ちしています。
AITでのHP案内はこちらから
http://www.a-i-t.net/ja/future_archives/2013/11/aitarcusnight.php

当日は、AITとARCUS Projectに滞在中の以下の5名のアーティスト、キュレーターも会場に訪れ、交流に加わります。
■ARCUS Project
ロドリゴ・ゴンザレス・カスティージョ(メキシコ)
シビレ・ノイマイヤー(ドイツ)
ナンデシャ・シャンティ・プラカシュ(インド)

■AIT
マテオ・ローザ(イタリア/IASPIS助成)
アナ・プタック(ポーランド/文化庁助成)

5カ国からのアーティストとキュレーターの考えや表現に気軽に触れられる貴重な機会です。
バーでドリンクやスナックを楽しみながら、語らいの時間を楽しんでみませんか?
参加無料ですので、お誘い合わせの上、ぜひお気軽にお立ち寄りください!

//////// 開催概要 ////////
日程|12月7日(土)
時間|18:30 – 21:30 ※19:30よりミニ・トーク開始
会場|代官山AITルーム
定員|50名・入場無料
HP  |http://www.arcus-project.com/jp/event/2013/ev_jp131207223801.html       
主催|特定非営利活動法人アーツイニシアティブトウキョウ[AIT/エイト]
協力|アーカスプロジェクト、IASPIS、A-I-R Laboratory
アクセス|http://www.a-i-t.net/ja/location.php
特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT / エイト]
〒150-0033  東京都渋谷区猿楽町30-8 ツインビル代官山 B-403
電話:03-5489-7277  FAX:03-3780-0266
URL:http://www.a-i-t.net

【電車の場合】
・東急東横線代官山駅より徒歩3分
・JR/営団日比谷線 恵比寿駅西口より徒歩8分

詳しいプログラム内容についてはホームページをご覧ください。
ホームページ|http://www.a-i-t.net/ja/future_archives/2013/11/aitarcusnight.php
お問い合わせ先|https://www.a-i-t.net/ja/form/contact.php

12/8(日) ARCUS Project × GEIDAI TORIDE
アーカスプロジェクト特別講演@取手ART PATH 2013

アーカスプロジェクトが、お隣、東京藝術大学取手校舎にて出張講演します。
「取手ART PATH2013」は東京藝術大学絵画科油画専攻・先端芸術表現科学部一年生が中心となって運営し、学年末の集大成として約150名が出展するという毎年恒例の大規模な展覧会です。
今年度、アーカスプロジェクトに招聘した3名のアーティストとアーカススタッフが、この展覧会に合わせてメディア教育棟にて特別講演を行います。
アーティスト・イン・レジデンス(以下AIR)とは?海外からの招聘アーティストたちはなにをしているのか?
アーティストが世界中を移動しながら制作を続けキャリアを積み、表現していく活動を促進させ、支援するアーティスト・イン・レジデンスの仕組みについてレクチャーします。
アーカスプロジェクトは振り返ること20余年、90年代初頭、取手市に東京藝大が誘致される機会にあわせて、茨城県南地域に新たな藝術文化村を…と当時の茨城県知事と学長・故平山郁夫氏による対話がアーカス構想の発端とされています。欧米から日本に渡ってきたAIRをいち早く取り入れ、守谷市での長きに渡る事業を経て現在に至ります。ビジュアルアーツを専門とした国際的なレジデンス・プログラムとしては国内で最も古く、1994年のプレ事業開始から来年で20周年を迎えます。
アーカスはラテン語で「門」を意味します。このプロジェクトが世界に国際アーティストとして羽ばたくためのキャリアを支援するアーティストの登竜門として存在することを意識しながら、また「ART x FOCUS」の造語としてARCUSと名付けられました。

これを機会に、AIRそのものについて、さらには今年度滞在中の海外招聘アーティストの活動をご紹介します。

当日は、大学の入試説明会や、ゲスト対談など様々なイベントも催されます。
どうぞ東京藝術大学のART PATHへ!

//////// 開催概要 ////////
日程|12月8日(日)
時間|11:00 – 13:00
会場|東京藝術大学取手校舎地 メディア教育棟 第2講義室(取手市小文間5000)
入場|無料
HP  |公式→ http://ima.fa.geidai.ac.jp/event/torideartpath2013/
アーカスプロジェクトイベントページ→http://www.arcus-project.com/jp/event/2013/ev_jp131202230639.html
主催|東京藝術大学先端芸術表現科、アーカスプロジェクト
お問い合わせ| アーカススタジオ TEL:0297-46-2600
Eメール:arcus@arcus-project.com
       
アクセス|http://ima.fa.geidai.ac.jp/event/torideartpath2013/top.html#aku
東京藝術大学取手校舎地 メディア教育棟 第2講義室
〒302-0001 茨城県取手市小文間5000番地
【電車の場合】
・JR上野駅より常磐線で40分
取手駅下車東口より無料バス(大学バス・サイトシーイングバスカメラ)が運行しています。
公共バスをご利用の場合は大利根交通バス15分「東京藝術大学前」下車。
お車でお越しの場合は学内駐車場がご利用いただけます。

詳しいプログラム内容についてはホームページをご覧ください。
ホームページ|http://ima.fa.geidai.ac.jp/event/torideartpath2013/
お問い合わせ先|アーカススタジオ TEL:0297-46-2600  Eメール arcus@arcus-project.com