fusetu.jpg

 

2013年は、画家、書家、収集家であり、書道博物館の創設者としても知られる中村不折(1866〜1943)の没後70年にあたります。

今回のみんなが見たい優品展では、中村不折にスポットをあて、不折の洋画、書、日本画、そしてフランス留学時代のデッサンや、ライフワークのひとつでもあった新聞挿絵、また明治の文豪たちの交流を物語る貴重な資料などを、書道博物館の収蔵品のなかから紹介いたします。

不折は、中国書道史上重要な文物を収集することに精力を注ぎ、その資金は、自らの作品を売ることで捻出していました。したがって、当館には不折の代表作といわれるものが少ないのですが、その一方で、小山正太郎(こやましょうたろう)に師事していた頃の風景画や、清国渡航時のスケッチ、フランス留学中のデッサンなど、若き日の修行時代の資料が残されています。これらは当館でしか見ることのできない、中村不折芸術の原点ともいうべき貴重な作品群です。

近代美術史、そして近代書道史に大きな足跡を残した不折の偉業を、どうぞたっぷりとご堪能ください。

【主な展示作品】
中村不折「本と帽子のある静物」(明治20年代)、「中国風景 財神廟」(明治28年)、「裸体習作」(明治35年頃)、「巴里の下宿屋」(明治36年)、「大黒天図」(大正13年)、「隷書李白五言律詩 戯贈鄭溧陽」(昭和10年)
 

台東区立書道博物館 みんなが見たい優品展パートⅡ
『没後70年中村不折のすべて』—書道博物館収蔵品のなかから—

期間:2013年12月17日(火)〜2014年3月23日(日)
時間:9:30〜16:30(※入館は閉館の30分前)
休館:月曜日(ただし12/23、1/13は開館)、12/24、1/14、
   年末年始12/29(日)〜1/3(金)、臨時休館1/7(火)、8(水)、15(水)、16(木)
料金:一般・大学生500円/高・中・小学生250円
※毎週土曜日は台東区内在住・在学の小・中学生とその引率者の観覧料が無料
会場:台東区立書道博物館 
場所:東京都台東区根岸2-10-4
交通:JR「鶯谷駅」北口より徒歩約5分 ※駐車場はありません
問合:台東区立書道博物館 03-3872-2645
   http://www.taitocity.net/taito/shodou/