04shino.jpg

生活の中で用いられる器や衣服、道具に美を求める工芸。日本では古くから、陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形などの工芸が発達し、その芸術性は今日においても高く評価されています。

「人間国宝」(重要無形文化財の保持者)は、現代にも続く伝統の「わざ」の継承者であると同時に、日本が誇る工芸の発展に尽くし、日本工芸史に残る作品を生み出してきた功労者といえるでしょう。この展覧会では、国宝・重要文化財など歴史的に評価されてきた古典的な工芸と、現代の人間国宝の作品を一堂に集め、日本が誇る工芸の「わざ」の美をご覧いただきます。

近代化や先端技術の発展によって日本の社会や生活様式は大転換を遂げ、工芸のあり方は変化を迫られることになりました。歴代の人間国宝の作品を振り返ると、その時代や世相を反映しながら「伝統」とは何か、「工芸」とはどうあるべきかを模索し、歩んできた軌跡が見えてきます。

本展は、歴代人間国宝104人の名品を「古典への畏敬と挑戦」、「現代を生きる工芸を目指して」、「広がる伝統の可能性」という3つのテーマで紹介します。さらに、国宝や重要文化財を含む古美術の名品を向き合わせて展示するコーナーも設けました。伝統と現代とのつながりを見る、これまでにない画期的な展覧会といえるでしょう。

平成25年(2013)は、文化財保護法における重要無形文化財指定制度施行60周年の節目にあたると同時に、多くの人間国宝を育ててきた「日本伝統工芸展」の60回を記念する年にあたります。日本人が育み愛し続けてきた工芸の粋を一望できる本展が、「伝統」のあり方をともに確かめ合い、未来を展望する機会となることを願ってやみません。

【展覧会のみどころ】
1 人間国宝作品、完全制覇!
2 国宝VS人間国宝
3 研究員が選ぶ「古典の名宝」
4 工芸の全ジャンルが一堂に
5 伝統工芸が作り出す「未来」
 

【日本美術の祭典】
■『クリーブランド美術館 名画でたどる日本の美』
 2014年1月15日(水)〜2月23日(日) 東京国立博物館 平成館 特別展示室第1・2室
■日本美術院再興100年 特別展『世紀の日本画』
 前期:2014年1月25日(土)〜2月25日(火) 東京都美術館 企画展示室
 後期:2014年3月1日(土)〜4月1日(火) 東京都美術館 企画展示室
★日本美術の祭典 3展共通前売券2,400円(1/14まで)

日本美術の祭典
日本伝統工芸展60回記念『人間国宝展 生み出された美、伝えゆくわざ』

会期:2014年1月15日(水)〜2月23日(日) 
時間:午前9時30分〜午後5時 ※入館は閉館の30分前まで
休館:月曜日
料金:一般1,000円/大学生800円/高校生600円 ※中学生以下無料 
会場:東京国立博物館 平成館 特別展示室第3・4室 http://www.tnm.jp/
場所:東京都台東区上野公園13-9
交通:JR「上野駅」公園口より徒歩約10分 
問合:03-5777-8600(ハローダイヤル)  
   http://www.nichibisai.jp