05muga.jpg

日本美術院の歴史、それはまさに近代日本画の歴史そのものです。この展覧会は、大正3年(1914)に日本美術院が再興されてから100年になることを記念し、草創期から現在まで院展の歴史を彩った名品の数々によって、院の歴史を振り返ろうとするものです。

明治31年(1898)、日本美術院は岡倉天心を中心に東京谷中に創立されました。新しい日本画の創出を目指した鑑画会、東京美術学校の設立を前史に、日本近代美術の発展を引き継ぐ研究機関として、日本画会のような「会」ではなく、大学院を意識した「院」としました。

しかし、明治30年代後半には実験的な描法が朦朧体と避難を浴び、天心らは茨城県五浦に移転、大正初年には事実上休止状態となりました。大正2年(1913)9月に没した天心の一周忌を期して、院は再び興こされ、それ以来今日まで「再興院展」の名で親しまれている展覧会を継続して開催してきました。

その長い歴史には、狩野芳崖、横山大観、菱田春草、下村観山、小林古径、前田青邨、安田靫彦、小倉遊亀、平山郁夫ら近代日本画の巨匠たちが名を連ねます。彼らの代表作に現役同人の作品を加えた、重要文化財6点を含むおよそ120点を紹介する、文字どおり「世紀の日本画」展をどうぞご期待ください。

【展覧会のみどころ】
1 重要文化財が6点、出品されます。
2 近代日本画をけん引した院展オールスターズによる、夢の競演です。
3 全国約60カ所から近代日本画の名作が結集したまたとない機会です。
  前後期で作品を総入替し、院展の全貌をご覧いただけます。
4 現役同人の出品作は、日本美術院賞(大観賞)受賞作を紹介します。
 

日本美術院再興100年 特別展『世紀の日本画』
会期:前期2014年1月25日(土)〜2月25日(火)
   後期2014年3月1日(土)〜4月1日(火)
時間:午前9時30分〜午後5時30分(金曜日のみ午後8時まで)
   *入室は閉室の30分前まで
休室:月曜日(ただし2/24、3/31は開室)、2/26〜28
料金:一般1,400円/学生1,200円/高校生800円/65歳以上1,000円
*中学生以下は無料
   前後期セット券料金 一般2,000円(前期と後期で作品をすべて入替え)
会場:東京都美術館 企画展示室 http://www.tobikan.jp/
場所:東京都台東区上野公園8-36
交通:JR「上野駅」公園口より徒歩約7分
問合:03-5777-8600(ハローダイヤル)
   http://www.nichibisai.jp