特別展「鳥獣戯画ー京都高山寺の至宝ー」

特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」 

誰もが一度は目にしたことのある、日本で最も有名な絵巻、国宝・鳥獣戯画。墨線のみで動物や人物たちを躍動的に描いた、日本絵画史上屈指の作品です。全巻の修理を終え、その魅力を一新した鳥獣戯画の全貌を紹介します。国宝の甲・乙・丙・丁4巻とともに、この4巻から分かれ、国内外に所蔵される断簡5幅も集結。現存する全ての鳥獣戯画をご覧頂けます。 また、鳥獣戯画の伝来した京都・高山寺は、鎌倉時代のはじめに明恵上人によって再興され、今なお多くの文化財が伝わります。本展覧会では、高山寺ゆかりの至宝とともに、明恵上人の信仰と深く関わる美術作品を、かつてない規模で展観します。
※会期中、一部作品、および場面の展示替を行います。
「鳥獣戯画」については全4巻の前半部分が前期、後半部分が後期に展示されます。
前期=4月28日(火)~5月17日(日)
後期=5月19日(火)~6月7日(日)

 

〈編集部員みかんのおすすめ情報〉
こんにちは、みかんです。ご無沙汰しています。東京のみなさん、お待たせしました。昨年、京都国立博物館で開催されていた「修理完成記念 国宝 鳥獣戯画と高山寺」が東京で「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」としてご覧になることができます。京都に行かれた方もぜひ、東京にもお越し下さい。国宝の甲・乙・丙・丁4巻とともに、京都にはなかった断簡全5幅(断簡とは、掛軸などに仕立て直されて伝来し、現在までに国内外で確認されているもの)もあり、現存する全ての鳥獣戯画をご覧頂けるようです。 ネコ好きなみかんとしては、やはり注目は、「烏帽子をかぶったネコ」でしょうか。このネコのグッズは、あまりなかったです、残念です。スタンプほしかったなぁ。でも、タオルハンカチは、手に入れました。えへへ。。
P10007720

※写真は、東京国立博物館の特別の許可をいただいて撮影しました。
特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」
会期:2015年6月7日(日)まで
時間:9:30〜17:00
(ただし、会期中の金曜日は20:00まで、
土・日・祝休日は18:00まで開館)
※入館は閉館の30分前まで
休館:月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館、 5月7日(木)は休館)
料金:一般 1,600円/大学生 1,200円/高校生 900円、
中学生以下無料
会場:東京国立博物館 平成館
場所:東京都台東区上野公園13-9
交通:JR「上野駅」公園口より徒歩約10分
問合:ハローダイヤル 03-5777-8600
展覧会ホームページ:http://chojugiga2015.jp/