funewoamu.jpg

4月13日(土)より映画『本を編む』が主演・松田龍平、宮崎あおいでロードショー公開される。

玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ男・西岡正志(オダギリジョー)など個性の強いメンツばかり。仲間と共に20数万語に及ぶ言葉の海と格闘するある日、馬締は下宿の大家の孫娘・林香具矢(宮崎あおい)に一目ぼれしてしまう。

2012年本屋大賞受賞作の原作は、世代を重ねて辞書作りに情熱をかけ、長く困難な道のりを乗り越えて行く人々の情熱が伝わってくる。

★町田市民文学館ことばランドでは、映画公開を記念して、
「漢字がCOOL!」&「船を編む」展を4月20日から開催!
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul08Literature/tenrankai/index.html(4/11から)