『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』(9月17日公開)

SK4.jpg

3D映画が新たなムーブメントを巻き起こしているいま、なんとその上を行く【4D】映画が登場した! 

鬼才ロバート・ロドリゲスが放つ『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』(9月17日公開)は、3Dをさらに超える「立体映像【3D】+におい【1D】=【4D】映画」であることが分かった。

3Dの映像にもうひとつの【D】が加わった劇場用映画での【4D映画】、しかも、観客が映画に”参加”する形の4D映画は史上初!の試みとなる。

本作ではシリーズ初“デジタル3D”の立体映像に加え、シーンにあわせてなんと、「におい」も飛び出してくる。

日本で限定100万人に、映画館入場時、こするとにおいが飛び出す「4Dミッションカード」が無料で手渡される(ひとり1枚)。上映中、スクリーンに出てくる番号が点滅したら、手元に準備していた「4Dミッションカード」の同じ番号をこすると、そのシーンに合った“におい”が飛び出してくる仕組み。
大スクリーンを観ながら、視覚・聴覚・触覚・臭覚をフル稼働させる「史上初の4Dアドベンチャー」! 奇想天外で遊び心満載の“参加型”4D映画は、日本をはじめ、世界の観客を全く新しい驚きの時空4Dアドベンチャーワールドへと導くこと間違いなし! 家族はもちろんのこと、友達や恋人と一緒に映画館でしか味わえない【4D】映像体験に参加しよう!

〈作品概要〉

□タイトル: 『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』

(原題) : 「SPY KIDS: ALL THE TIME IN THE WORLD in 4D」

□監督・脚本・製作・音楽・撮影:ロバート・ロドリゲス

□出演:ジェシカ・アルバ/アレクサ・ヴェガ/ダリル・サバラ/アントニオ・バンデラス

□配給:松竹/アスミック・エース

□公開: 9月17日(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー