07_darkknight.jpg

株式会社ヒューマックスおよび株式会社ヒューマックスシネマは、シネマコンプレックス「成田HUMAXシネマズ」に、千葉県初のIMAXデジタルシアターを5月にオープンしました。7/28より『ダークナイト ライジング』[IMAX版]を公開中!

本作は一部シーンにおいて通常のカメラよりも高画質のIMAXカメラで撮影されており、IMAXデジタルシアターでは該当シーンで上下に画面サイズが広がり、視界いっぱいに広がる大迫力の映像体験ができます。
特に当館は日本で初めて、建物から専用に造られたIMAXデジタルシアターとなり、スクリーンサイズや客席形状において『ダークナイト ライジング』を鑑賞するには最高の環境となっています。

IMAXデジタルシアターは、映画を構成する映像・音響・空間・そして作品、これら4つの要素すべてを最高の水準にまで高めた上映システムです。
2台のプロジェクターによって投影されるクリアで明るい映像と、パワフルなデジタル・サウンドを誇ります。加えて最適化されたシアター設計によって、観客の視野を最大限に高め、まるで映画の中にいるような臨場感溢れる映像体験が可能です。

現在公開中の『ダークナイト ライジング』は2008年に公開され、全米の歴代興行収入で2位となる大ヒットを記録した『ダークナイト』の続編です。前作においてクリストファー・ノーラン監督は劇場用映画としては初めて、通常のカメラより高画質のIMAXカメラで撮影を実施。その息を呑むような美しい映像世界に同時公開されたIMAX版も注目を集め、現在でも映画ファンの厚い支持を受けています。

『ダークナイト ライジング』でも、前作の2倍近い1時間を超えるシーンがIMAXカメラで撮影されており、ファンの注目を集めています。
IMAXデジタルシアターでは該当シーンで上下に画面サイズが広がり、スクリーンいっぱいに繰り広げられる迫力の映像体験が可能です。 

『ダークナイト ライジング』[IMAX版]

“ダークナイト”がついに最後の一線を超える!
アクション、ドラマ、サスペンス—。すべてのジャンルを超越した究極のエンターテイメントの壮絶なラストとは!
公開時に全米歴代2位というメガヒットを記録し、ヒーロー映画の過去のセオリーを叩きつぶし、ハリウッド映画の未来までも変えてしまった『ダークナイト』。あのとき、誰もが思った。ついに究極を見てしまったと。
だが、圧倒的な力技で打ち立てられた伝説には、さらに壮絶なエンディングが用意されていた。誰もが踏み込んだことのない一線を超えた世界へ—。
最終章『ダークナイト ライジング』がこの夏あなたを待っている。

監督:クリストファー・ノーラン 
出演:クリスチャン・ベール、トム・ハーディー、アン・ハサウェイ、
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ゲイリー・オールドマン 
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:2012年7月28日より
料金:一般/大学生/高校生 ¥2,000
      シニア/中学生以下  ¥1,300

©2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LLC