yamamoto01.jpg

芸大出身の将来有望な若手演奏家による奏楽堂デビューコンサート 

山本 美樹子プロフィール 
神戸市出身。4歳でヴァイオリンを始める。 
兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、東京芸術大学卒業。同大学大学院弦楽科修士課程を最優秀の成績で修了。現在同大学院室内学科後期博士課程に在学中。 

第51回全日本学生音楽コンクール中学校の部大阪大会第2位。第53回同コンクール高校の部第1位。大学卒業時に同声会賞を受賞し、推薦演奏会に出演。 
2010年には、大阪いずみホールにて日本演奏連盟主催のリサイタルを開催した。

室内楽にも積極的に取り組み、弦楽四重奏ではリゾナーレ室内楽セミナーにて奨励賞、ハイドン賞、最優秀賞の緑の風音楽賞を受賞。奨学金を授与される。

また松尾学術振興財団に音楽助成奨学金を受け、マツオコンサートに出演。
芸大では選抜されて室内楽定期演奏会に3度出演した他、ハイドンシリーズやメンデルスゾーンシリーズなど室内楽プロジェクトの演奏会に多数出演。また、六花亭期待の若手演奏会シリーズ、JTが育てるアンサンブルシリーズなど各地の演奏会にも多数出演し、ピアノ三重奏、四重奏、弦楽五重奏など様々な編成の室内楽作品に取り組む。 

現在は、演奏活動とともに、藤本一子氏の指導のもと、シューマンの後期室内楽作品の研究を進めている。 
これまでにヴァイオリンを木田雅子、田村智恵子、宋倫匡、ジェラール・プーレ、岡山潔の各氏に、室内楽を松原勝也、山崎伸子の各氏に師事。 

[出演] 
山本 美樹子(ヴァイオリン) 
村田 千佳(ピアノ) 

[演奏曲目]
○メンデルスゾーン/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 作品4 ヘ短調 
○ベートーヴェン/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第5番 作品24 ヘ長調
 “スプリング” 
○ヨアヒム/3つの小品より“ロマンツェ” 
○シューマン/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第2番 作品121 ニ短調 

奏楽堂デビューコンサート・シリーズNo.56 
『山本 美樹子 ヴァイオリンリサイタル』 

開催日   2011年11月5日(土) 
時間    開演:午後6時30分 開場:午後6時 
入場料   2,000円(※未就学児の入場はご遠慮ください) 
会場    台東区旧東京音楽学校奏楽堂 
所在地   東京都台東区上野公園8-43
アクセス  JR「上野駅」公園口より徒歩約10分 
お問合せ  旧東京音楽学校奏楽堂 03-3824-1988 
      http://www.taitocity.net/taito/sougakudou/ 

★チケットのお申し込みは旧東京音楽学校奏楽堂 03-3824-1988