身近なアザミをみつけてみませんか?

 

アザミといえば日本の秋を代表する植物の一つです。
私たちにとっては身近なアザミですが、実は日本のアザミは世界でも例を見ないほど多様性に富んだ植物なのです。
この企画展では、日本のアザミの多様性を実物標本や写真を通じて紹介するとともにアザミと人の関わりや、研究者がどのような取り組みをしてきたかなどを紹介します。

1. アザミとは?
日本中、どこでも見ることのできるアザミ。そもそもキク科の植物であるアザミはどのような特徴をもっているのでしょうか?ここではまず、アザミの特徴についてパネルや模型で紹介。
2. 日本のアザミの多様性
日本のアザミには大きな特色があります。それは世界でも他に類を見ないほどの多様性です。日本産のアザミはなんと150種以上!ここでは、その中から代表的な種を取り上げ、実物標本と写真で紹介。この夏に発表されたばかりの新種も取り上げています。
3. ユーラシア大陸のアザミ
日本のアザミにこれほど多様性があるのは、日本が島国であることと深い関係があります。それでは、お隣のユーラシア大陸ではアザミはどのようになっているのでしょうか?
ここでは、日本列島とユーラシア大陸のアザミの比較について紹介します。
4. 多様性の解明を支える地域の活動
日本では、それぞれの地域でアザミの保護活動などが行われています。こうした取り組みは、日本のアザミの多様性を解明していく上で大変重要なものとなっています。ここでは、それらの取り組みの中から、津波の被害をまぬがれた福島県で事例など、最近の事例を紹介。
5. 植物研究と国立科学博物館 
解明されつつあるアザミの秘密。これは国立科学博物館の研究者が中心となって、長年に渡って取り組んできた研究の成果です。ここでは、そうした植物研究に関する国立科学博物館での具体的な活動や役割について映像などで紹介します。
 

国立科学博物館 『日本のアザミの秘密』
会期:2013年9月18日(水)〜11月10日(日)
時間:午前9時〜午後5時 *金曜は午後8時まで
(入館は各閉館時刻の30分前まで)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は火曜日)
入場料:一般・大学生600円/高校生以下65歳以上は無料
会場:国立科学博物館 日本館1階企画展示室 
場所:東京都台東区上野公園7-20
交通:JR「上野駅」公園口より徒歩約5分、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」・京成線「京成上野駅」より徒歩約10分 
問合:03-5777-8600(ハローダイヤル)
   http://www.kahaku.go.jp/