michikohayashi_Sawawa047-1

梅雨の晴れ間に…」 芒種 と触れた前回のブログから2週間たち いよいよ今年も 一年のうちで一番昼間の長い 光の多い 夏至 を迎えようとしています

あのとき4枚の写真のうちの3番目に登場した この素焼きのマスクも この2週間のうちに 大きく姿を変えました

michikohayashi_Sawawa047-2

数日 まさに梅雨らしい じとじと雨が降り続き その沁み入るような湿り気と 自らの重みとで ずずず… と崩れつつあったのです

 

そして そんな雨が続いたのちの つかの間の晴れた日に これ幸いと ベランダで布団を干したり 洗った寝具を干したりしていたら …ふと サンダル履きの足が触れたのでしょうか…

michikohayashi_Sawawa047-3

なんとなく柔らかな衝撃に ハッ と気づくと…

脆くも あっけなく崩れ去ったあとでした

 

崩れたあとも 肌合いの明るい色を呈していた欠片には 陽が射している

まるでこのマスクが 光を呼んでいたみたい

 

不思議なことに あまり悲しくならなかった

michikohayashi_Sawawa047-6

さらに数日たって 観てみると 土気のないベランダでも すでに風化が始まっている

こうして細かい乾いた土の粉となって 風に乗り…

 

土より出づるものは いずれ何処かで 土に還るのですね

 

**

 

今回のブログの更新が ちょうど引っ越してから半年にあたる日

引っ越し当日も ブログの更新日で 前夜のうちに原稿を用意しておいたのだった…

やはり冬至を迎える直前だった

 

引っ越して 寒かった冬を新居に引きこもるように過ごし

春の嵐のような荒れ模様も味わって ようやく今 新しい季節にむかう準備が整いつつある…

 

脱皮のとき という合図なのかもしれない

 

**

 

ちょうどコンピュータの環境も新しくしたばかり

データの移行に明け暮れながら そんなことを思っていたら


昨夏 このマスクを 野焼きで焼き上げたときの

炎のなかから生まれたてホヤホヤ の写真が出てきました

 

惜別の記念に こちらにアップします

 

 

この半年 引っ越しという物理的な環境の変化から 内面の脱皮のときまで

陰になり 日向になり 伴走してくれて

 

マスクよ どうもありがとう

michikohayashi_Sawawa047-5